人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2019年10月16日

【ツール・ド・フランス2020 ルートプレゼンテーション】見知らぬ山が目白押し!フルーム「凄いレースになりそうだ」。ピノ「2020年大会は最後までサスペンスが続く」

サイクルロードレースレポート by 宮本 あさか
  • Line
クリス・フルーム

「12時も17分を回りました……さあて皆さま、これが2020年ツール・ド・フランスのコースです!」

大会委員長クリスティアン・プリュドムが左手首にチラリと目を落とし、現在時を告げると共に、パリの国際会議場パレ・デ・コングレの明かりが落とされる。目の前の大スクリーンには、魅惑的なラインが描かれていき、会場に詰めかけた4000人もの招待客が、その様子を固唾を呑んで見守る。翌夏のツール・ド・フランスのコース全貌は、いつだってこんな風にベールを脱ぐ。

そして2019年10月15日、ついに明かされた2020年マイヨ・ジョーヌ争奪戦の舞台は、極めて「アティピック(型破り)」だ。(詳しいコース図はこちら:https://www.letour.fr/en/overall-route

J SPORTSオンデマンド配信情報

「このコース大好き!」とディフェンディングチャンピオンのエガン・ベルナルは興奮したように語り、6月の事故の影響でいまだ脚を引きずりながらも、クリス・フルームは「強い選手にとっては最高のコースだよね」と微笑んだ。

「僕が制したツールとはまったく違うタイプのレースのようだ。すごく山が多くて……いわゆる僕のようなクライマー向きのコースだよね!」(ベルナル)

「すごく厳しいコースだけど、むしろありがたい。総合争いの選手たちが、2週間全力でぶつかり合う、そんな凄いレースになりそうだ」(フルーム)

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ