人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2018年9月2日

ブエルタ・ア・エスパーニャ2018 第8ステージ レースレポート

サイクルロードレースレポート by 宮本 あさか
  • Line
大ベテランのアレハンドロ・バルベルデが圧巻の区間勝利

大ベテランのアレハンドロ・バルベルデが圧巻の区間勝利

区間トップ10にピュアスプリンターからピュアクライマーまでが並ぶ、稀に見る奇妙なフィニッシュだった。中でも上れるスプリンターのペーター・サガンと、スプリントからヒルクライムまで全てをこなすアレハンドロ・バルベルデが、手に汗握る一騎打ちを繰り広げた。3連覇中のアルカンシェルを、常磐のみどりが鮮やかに打ち破った。

「この2日間に比べれば、ほんの少し簡単なステージだった。でもフィニッシュはかなり難解だったね」(リュディ・モラール)

たしかに、マイヨ・ロホにとっては、それほど苦労させられた1日ではなかったはずだ。スタート直後にティアゴ・マシャド、ホルヘ・クベロ、エクトル・サエスが飛び出すと、それ以上の反乱は起こらなかった。道はたいして起伏に満ちているわけでも、強風が吹き荒れているわけでもなく。ただ日陰でも摂氏40度を超える気温だけはひどく堪えたが……すでに南スペインで1週間走り続けてきたプロトンにとって、暑さはもはや敵ではなかった。

なによりグルパマ・FDJにとって幸いだったのは、スプリンターチームが積極的に追走作業を請け負ってくれたこと。タイム差が最大12分ほどにまで開くと、ボーラ・ハンスグローエ、クイックステップフロアーズ、コフィディスソリュシオンクレディ、トレック・セガフレード等々の俊足エースを擁するチームが、プロトン最前線に人員を送り込んだ。おかげでエスケープとの距離は苦もなく縮まっていった。残り100kmで11分近くもあったタイム差は、残り50kmで5分、20kmで2分、10kmで35秒……。ついには残り6kmできっちり全員を回収した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧