人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2021年12月18日

【女子プレビュー】3連覇を狙う桜花学園が本命。女王を止める可能性があるチームはどこか?

ウインターカップコラム by 青木 崇
  • Line

桜花vs高知中央

夏のインターハイを制した桜花学園は、準決勝の京都精華学園戦で苦戦を強いられた以外、大差をつけての勝利を手にしていた。昨年の大会でも存在感を示したキャプテン、朝比奈あずさのインサイドゲームを軸に、チームとして攻防両面で堅実なプレーを発揮できる点では、ウインターカップでも優勝候補の最有力と言っていい。

185cmの朝比奈は、留学生相手でもインサイドで得点できる能力を持ち、リバウンドでもチームを牽引する大黒柱。仮にダブルチームでディフェンス対応されても、伊波美空、平下結貴、横山智那美は、アウトサイドからのショットで相手にダメージを与えられる。準々決勝以降での対戦が明星学園、岐阜女子、京都精華学園の留学生対策をしっかり遂行し、ディフェンスで主導権を握ることがでれば、桜花学園の3連覇は現実味を帯びてくるだろう。

J SPORTS 放送情報

しかし、勝負に絶対はない。高校生の試合だから、余計に何が起こるかわからないもの。桜花学園を倒してのタイトル獲得の可能性があるチームということでは、インターハイで準優勝の大阪薫英女学院、3位の京都精華学園と岐阜女子の名前をあげなければならない。

準決勝で桜花学園との対戦が濃厚な岐阜女子は、6月の東海大会で勝利を手にしている。アググア・チカ・チュクウが朝比奈をスローダウンさせることができれば、ライバルを撃破することも十分可能。毎年タフなディフェンスをするチームを作っている安江満夫コーチが、藤澤夢叶を軸にしたオフェンスのレベルをウインターカップまでに挙げられるかは、岐阜女子の成功を左右する要素と言っていいだろう。

京都精華学園は、イソジェ・ウチェとディマロ・ジェシカという留学生2人を擁している。チームの核はウチェになるが、ジェシカもインターハイの桜花学園戦で20点、17リバウンドを記録するなど、2人ともしっかり役割を全うできる選手。1年生ながら主力となっている八木悠香と堀内桜花を、3年生の瀬川心暖と植村文音がしっかりサポートできるのも心強い。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ