人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2020年5月7日

困難突破トーク スポーツは今! B.LEAGUE編/前編 松井啓十郎(京都ハンナリーズ)×辻 直人(川崎ブレイブサンダース)×佐々木クリス(B.LEAGUE公認アナリスト)

J SPORTSプロデューサーコラム by 杉山友輝(J SPORTSプロデューサー)
  • Line

無観客試合で気がついたこと

無観客試合でも映像で見てくれているファンにしっかりと届けたいと話してくれた松井選手。


佐々木:B.LEAGUEの中止についてどうですか?

辻:NBAが中断になったので、Bリーグも中断になるかもと思っていたから、びっくりではないけれど、シーズン通して優勝狙えるチームだったので、そういうところでは残念や口惜しさがあったのですけれど、仕方ないなと。

KJ:僕たちも土曜日、最初の1試合目無観客でやってみようとなって、もちろん試合をやるからには100%集中して、お客さんいるいない関係なく、映像の向こう側で見ている方々に届けと。ただ、ハーフタイムに川崎と北海道の試合が中止になったと聞いて、両チームともこのままやっていいのかと不安はありました。(中止を決めた)Bリーグの判断は我々のことを考えてくれた、苦渋の決断なのかなと思いました。


人生は進んでいく、前を向いてほしい

佐々木:インターハイや全中(全国中学校体育会)の中止が発表されて、どう感じますか?

辻 :本当に一言で表せない。残念で仕方ない。インターハイで引退をとなる選手にとっては大きなこと。ただ、頑張ってきた仲間はかけがえのない仲間たち。僕は良い仲間に出会えました。だから、目の前の目標は無くなってしまったかもしれないけど、次の所で必ず目標を立ててもらって、努力してもらえば、良い仲間に出会えると思うし、それは個人競技の方も同じだと思います。
残念な気持ちはわかる、でもそこであきらめずに、人生は進んでいくものですから、前を向いてやって欲しい。

佐々木:大きな青春の一部。そこで出会った人、僕も一生の宝の仲間ができたなと。僕はインターハイなんか出てないし、東京都予選2回戦で負けたんですけれど、負けた試合は3回くらいオフェンスチャージして負けたんですけれど、その時の仲間は今も近くにいるなと。今回は大会が無くなるということで、くやしいけれど、次にぶつける原動力にしてほしい。KJはどう?

KJ:一生に一度しかない、高校生3年生のインターハイ、(中学3年生の)全中、そこに向けて練習してきた選手もいっぱいいますし、じゃあその大会が無くなっちゃったときにどうしようと。違う目標を目指していけば、例えばBリーグの選手になるのであれば、その大会だけで全部が決まるわけではないので。もちろんインターハイで活躍すればいろんな大学に推薦で入れたりとかするかもしれないけれど、それがあるかないかでその先の人生が決まるわけではないので。これは今、日本国内だけでなく世界全体で起きているので、モチベーションを違うところに持って目標に向かっていけば、前に進めるんじゃないかと思います。

佐々木:バスケができるって当たり前じゃないよねって改めて思うよね!次のB.LEAGUEのシーズン、ハングリーな皆さんが楽しみです。

前編はここまで、後編では、今どのように毎日をすごしているかを語り合います。

文:J SPORTS 杉山友輝

杉山友輝(J SPORTSプロデューサー)

杉山友輝(J SPORTSプロデューサー)

若手のADを見るとすぐに「メシくってるか?」という昭和臭いプロデューサー。担当競技は卓球・ラリー・ゴルフ。毎日自らで作ったカスピ海ヨーグルトを食べるのが健康法。ニックネームはスギP。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ