人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2022年8月5日

【楽天好き】「日々覚悟を決めて長いシーズンを戦っている」。島内宏明選手にいろいろ聞いてみたら、最後の一言がかっこよかった件

野球好きコラム by 松山 ようこ
  • Line

島内宏明

昨年は打点王となり、今年も2年連続でオールスターゲームに出場するなど、プロ野球界を代表する選手となった島内宏明選手ですが、プロ入りした当初は「とんでもない世界に来てしまった」と臆していたそうです。今回のファンからの質問シリーズでは、『プロ野球選手』という存在を、島内選手がどのように見てきたかが少しだけわかります。

J SPORTS 放送情報

―― プロ野球選手は皆さん、子どもの頃から憧れの選手がいることが多いようですが、島内選手は少年時代に誰に特別な思いを抱いていたのでしょうか?

僕は石川県の出身なので、やっぱり同じ石川県から出た松井秀喜さんの存在がすごく偉大でしたね。僕がまだ小学生だった時、松井さんが巨人でプレーされていて、シーズン50本もホームランを打ったんです。だけど、まだ子どもだったし、そんな大記録を見ても僕は「ゴジラだから当たり前だよな!」って思ってました。

でも、自分が今こうしてプロになってみると、あんなに打つのは「あり得ないレベルにすごい…」と思うわけですよ。だから、少年時代に思っていた以上に本当にすごかったんだなと。改めて今、その偉大さを感じています。

―― プロ入りしてからは、どんな選手になろうと考えたのか、もしくはどのように向上していこうとされたのですか?

いやもう、プロ入りした時に思ったのは、もう周りの選手みんなすごくて…。なんか来てはいけないところに来てしまったなっていう感じでした。僕が入った当時、センターを聖澤(諒)さんが守っていたんですが、正直これは追い越すことはできないなって思いましたし、練習に励むんですけど、ごまかしながら頑張るしかないなって、本当に思っていました。上には上がいる。全員がすごいと感じていました。

―― 守備の話が出ましたが、フライが上がった時、どういった声かけをしているのでしょうか? 何か特別な工夫などありますか?また、エラーが起きた場合は、どうやってお互いにフォローし合うのでしょうか?

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ