人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2022年7月26日

【ハイライト動画あり】前回王者の東京ガスが9回に逆転、準決勝一番乗り。都市対抗野球 準々決勝

野球好きコラム by 大島 和人
  • Line

東京ガス vs. JR東日本

第93回都市対抗野球大会は7月26日(火)が大会9日目。本日と明日は準々決勝が2試合ずつ行われる。この日の第1試合は前回大会王者・東京ガス(東京都)とJR東日本(東京都)の対戦だった。東京ガスはJR東海、日本製鉄鹿島を下してのベスト8入り。JR東日本は大阪ガス、JR東日本東北を退けての勝ち上がりだ。

第93回 都市対抗野球大会

JR東日本の先発は今大会初登板の左腕・市川陸、東京ガスは1回戦に完封勝利を挙げた右腕・益田武尚が先発した。東京ガスは2回表、無死から今大会絶好調の7番・相馬優人がセンター前安打出塁する。一死から9番・北本一樹が中越えの2ラン本塁打を放つ。

3回表にも一死1・2塁のチャンスを迎えて、7番・相馬がレフト前にヒット性の当たりを放つ。ここは菅田大介が前進して好捕し、相馬の連続打席安打は「6」で止まった。続く8番・馬場龍星が粘って四球を選んだものの、9番・北本は空振り三振に打ち取られた。

益田の好投に5回まで1安打と封じられていたJR東日本だが、6回無死から8番・金子莉久が右中間に飛ばす二塁打で出塁。四球とバントで一死2・3塁とチャンスを広げると2番・菅田大介がセンター前タイムリー安打を放つ。JR東日本は1点差に迫り、益田を降板に追い込む。

JR東日本は3番・杉崎成輝もレフト前タイムリー安打を放ち、2-2の同点に。さらに二死満塁と走者を溜めると、6番・渡辺和哉が 3番手の臼井浩を捉え、レフト前への2点タイムリー安打で勝ち越す。一挙に4点を挙げる猛攻だった。

JR東日本は1回戦、2回戦と先発した小谷野楽夕が6回からリリーフ。8回まで無失点の好リリーフを見せていた。しかし、東京ガスは9回表、無死から9番・北本がこの試合2本目となるソロ本塁打。そして無死1塁として、小谷野を降板に追い込む。

東京ガスは3番・小野田俊介の守備妨害で、進塁していた走者が元の塁に戻され一死1・2塁の場面。4番・地引雄貴がレフト前にタイムリー安打を放って同点に追いつく。さらに5番・建部賢登の一ゴロは併殺もあり得る当たりだったが、送球が乱れて二塁走者が生還。東京ガスがこの回3得点で、逆転に成功した。

臼井は6回こそ痛打を浴びたが、その後の3イニングを零封。前回大会王者の東京ガスが激しいシーソーゲームを制し、準決勝一番乗りを決めている。

◆試合結果

東京ガス|0 2 0 0 0 0 0 0 3|5
JR東日本|0 0 0 0 0 4 0 0 0|4

◆投手

・東京ガス:益田武尚、寺沢星耶、○臼井浩
・JR東日本:市川睦、川西雄大、西居建陽、小谷野楽夕、●西田光汰

文:大島和人

都市対抗野球2022

【ハイライト】準々決勝 東京ガス vs. JR東日本

大島 和人

大島 和人

1976年神奈川県で出生。育ちは埼玉で現在は東京都町田市に居住。早稲田大学在学中にテレビ局のリサーチャーとしてスポーツ報道の現場に足を踏み入れた。卒業後は損害保険会社などの勤務を経て、2010年からライター活動を開始。現在はサッカーやバスケ、アマチュア野球など多彩なボールゲームの現場に足を運んでいる。Twitter(@augustoparty

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ