人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2022年6月28日

【横浜好き】1度だけの打席で2試合連続の大仕事&プロ初本塁打。『週刊ベイスターズいいとこどり』6月21日~26日号

野球好きコラム by 大久保泰伸
  • Line

横浜DeNAベイスターズ

敵地で巨人に勝ち越し、いい感じになってきたかと思えば、今季ここまで苦手としている広島相手にハマスタで3連敗。先週は負け越しとなってしまいましたが、4敗中3試合が1点差負けの接戦で、敗れた中でも“いいとこ”は少なくない1週間でした。

J SPORTS オンデマンド番組情報

◆6月21日(火)○3-1 巨人(東京ドーム)

代走から途中出場の神里和毅が同点の8回、2死満塁の場面で決勝打となる2点タイムリー。前週の阪神戦から2試合連続、1回のみの打席で大仕事を成し遂げた。ソトは4月26日以来となる本塁打を放った。投手陣は先発の大貫晋一が、6回途中まで被安打8も1失点と粘りの投球。無失点のリリーフ陣はエスコバーが4勝目、田中健二朗と伊勢大夢がホールド、最後は山崎康晃が締めて13セーブ目を挙げた。

◆6月22日(水)●4-5 巨人(東京ドーム)

佐野恵太が先制タイムリー、ソロ本塁打、内野ゴロの間の打点で3打点。スタメンマスクが続く嶺井博希は、レフトスタンド中段に入る特大のソロ本塁打を放った。6年ぶりの巨人戦勝利を目指した石田健大が3回4失点で降板した後、接戦に持ち込んだのがリリーフ陣の踏ん張りだった。入江大生が1イニングを無失点、クリスキーは2イニングで4奪三振、平田慎吾も1イニングで2奪三振の力投を見せたが、4番手で登板した伊勢の失点が決勝点となった。

◆6月23日(木)○7-5 巨人(東京ドーム)

森敬斗がタイムリー、プロ初本塁打、2つの四球で3打点、5打席中4打席で出塁と大暴れ。1番起用の蝦名達夫が2打席連続タイムリーで3打点。佐野は2試合連続となる先制本塁打を放った。宮崎敏郎とスタメンマスクの伊藤光が3安打猛打賞。桑原将志、ソトもマルチ安打を記録した。投手陣は開幕投手の東克樹が6回途中3失点も粘りの投球で今季初勝利をマーク。平田、エスコバー、山崎が無失点で反撃を許さなかった。

J SPORTS オンデマンド番組情報

◆6月24日(金)●0-7 広島(横浜スタジアム)

昨年から9戦0勝6敗の苦手・大瀬良大地の前に打線が沈黙。6安打を放ったが、連打は2回2死からの楠本泰史、嶺井による一度のみで、複数安打の選手はいなかった。投手陣も今永昇太がノーヒットノーラン後は、2試合連続の大量失点で自身2連敗。入江、三上朋也のリリーフも失点と、投打とも“いいとこ”なしの完敗だった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ