人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2022年4月5日

【広島好き】地元開幕戦で最高の仕事、そして左腕エース誕生の期待。「週刊カープいいとこどり」

野球好きコラム by 大久保泰伸
  • Line
野球好きコラム 広島好き

広島好きコラム

球団タイ記録の開幕6連勝から、長らく鬼門だったナゴヤ(バンテリン)ドームでの3連敗。波乱含みの1週間になりましたが、開幕3カードを終えて貯金3の2位は上々のスタートと言えるでしょう。明るい材料と同時に、徐々に課題のようなものも見えてきた6試合、とりあえず「いいとこ」どりで今週のMVPを選出していきましょう。

入場制限がなくなり、2万8028人がマツダスタジアムのスタンドを埋めた地元開幕戦は、最高の結末になりました。ヒーローとなったのが西川龍馬で、1点ビハインドの一死満塁の場面で、前進守備のライトの頭上を越えるサヨナラ打を放ちました。西川は翌日の試合でも3安打で今季初の猛打賞を記録し、開幕5試合連続安打でマルチ安打が4試合と、好スタートを切ったチームの立役者となりました。

そのサヨナラ劇のお膳立てをしたのが、この日からスタメン出場となった新外国人のマクブルームです。9回に先頭打者として来日初安打を記録すると、翌日は4番に入って来日初打点を含む2安打を放ち、第3戦も2安打1打点。決勝打を放った第3戦は、来日初のお立ち台にも立ちました。

J SPORTS オンデマンド番組情報

  • 広島 vs. 巨人

    4月5日(火)~7日(木) J SPORTSオンデマンドで限定LIVE配信

数字以上にトータルな意味で評価したいのが上本崇司です。出場した5試合の打率は.267ですが、地元開幕戦では申告敬遠を含む3四球。9回にはフルカウントから6球ファールで粘って四球をもぎ取り、サヨナラ劇につなげました。ここまで今季の「つなぐ野球」の象徴的存在となっていますが、完封負けした2日の試合では、いずれも先頭打者として投手を強襲する安打を放ってチャンスメーカーとしても機能しています。

投手陣では、地元開幕戦で矢崎拓也が衝撃のプロ初勝利以来となる勝利投手になりました。翌日の試合では、先発した床田寛樹が7回を投げて散発の4安打、無四球で失点はソロ本塁打の1点のみで勝利投手と、昨季までとはひと味違った投球を見せました。

第3戦の勝利投手になった塹江 敦哉は、敗れた2日の中日戦でも延長10回の登板で2死2・3塁のピンチを招きましたが、無失点に抑えてホールドを記録しています。その他でも、復活を目指す中崎翔太が3試合に登板して2ホールド、島内 颯太郎も2試合を投げて無失点で2ホールドと、中継ぎの形は見えてきました。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ