人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2022年3月25日

【楽天好き】西川遥輝のスピード、和田恋のパワー。得点力アップに期待が募る楽天打線

野球好きコラム by 松山 ようこ
  • Line

東北楽天ゴールデンイーグルス

開幕前に盛り上がる順位予想を見てみると、パ・リーグはバラバラで混戦模様。それでも楽天を優勝と予想する解説者も少なからずいて、おおむねAクラス以上という評論家は多いようだ。楽天は昨季、チームの打線が全体でやや振るわなかったが、今季はスピード、パワーともに戦力アップを感じさせる。

リードオフマンの西川遥輝は、これまで4度の盗塁王に輝いたスピードスター。キャンプからその走塁技術をチームメイトに指南していた。オープン戦では小郷裕也が5盗塁を数えているように、チーム全体の盗塁数も増えそうだ。

J SPORTS 放送情報

また、キャンプでギャオス内藤さんが初日のMVPに選んだ田中和基も、オープン戦で三塁打2本とアピールした。走攻守でみせる2018年新人王の復活劇にも期待したい。パワーでは、右の大砲として和田恋の覚醒に注目が集まっている。オープン戦では要所で長打と犠打をみせ、打率.366と確信めいた雰囲気を醸し出していた。

そして、すでに全国でも話題になっている大卒ルーキーの安田悠馬。信条としている豪快なフルスイングが魅力で、やはり長打に期待せずにはいられない。捕手としての成長は一朝一夕にはいかないものの、一軍で育てたいと思わせる逸材なのだろう。

ちなみに、開幕戦で相見えるロッテの新人、松川虎生も捕手で開幕一軍入り。やはり全国で注目を集めている。こちらは高卒ルーキーながら、「高校生に見えない」佇まいに誰に対しても、物怖じしないと評判で開幕マスクが決まった。ロッテとの開幕シリーズは、安田とのルーキー捕手同士によるライバルの構図でも楽しみたい。

長打力の補強戦力である新外国人のギッテンスとマルモレホスは、調整を優先するために二軍スタートとなった。だが、昨季は不振だった浅村栄斗や昨オフに腰を手術した茂木栄五郎が、オープン戦でともに打率3割超えと安定感をみせた上、昨季の打点王・島内宏明も健在。そのまま戦力の厚みとなっている。

ただ、どれほど得点を重ねようとも、相手チームより1点でも多く取ったほうが勝つのが野球。スピード、パワーともに戦力アップしようとも、言わずもがな勝負の際が何よりも大事になる。ソフトバンクからやってきたベテランの川島慶三が言っていたことが思い出される。

キャンプ中でのこと。「これまでチームを外から見てきて、楽天の印象はどうでしたか?」と実況の中田浩光さんに尋ねられた川島は、「負けた試合は、負けるなという感じがしていました。だから、最後まで諦めないようなチームになっていけば絶対に優勝できるんじゃないかと今は思っています」と語ったのだ。

ケガや不振はあるものだけれど、現時点で戦力は十分に厚みを増した。後は、諦めないメンタリティがチーム全体に漂うようになれば、きっと優勝できるに違いない。

文:松山ようこ

松山ようこ

松山 ようこ

フリーランス翻訳者・ライター。スポーツやエンターテイメント関連コンテンツの字幕翻訳をはじめ、Webコンテンツ、関連ニュース、企業資料などの翻訳や制作を請け負う。J SPORTSでは、主にMLBや侍ジャパンのほか、2015シーズンより楽天イーグルスを取材し、コラムやインタビュー記事を担当。野球の他にも、幅広くスポーツ選手はじめ著名人を取材。Twitter @yokobooboo

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ