人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年11月29日

関東vs.東海の3試合。阪神、広島のドラフト指名選手にも注目。都市対抗野球大会3日目・30日(火)のみどころ

野球好きコラム by 大島 和人
  • Line

3日目はいずれも関東vs.東海

11月28日(日)に開幕した第92回都市対抗野球大会。11月30日(火)も1回戦3試合が行われる。

◆10:00 三菱重工East(横浜市)vs. 東邦ガス(名古屋市)

三菱重工は今シーズンから横浜、名古屋、神戸・高砂、広島の4チームを「East」と「West」の2チームに再編。チーム数の減少は残念だが、必然的に人材の“濃度”は濃くなる。Eastの監督には前・名古屋の佐伯功氏が就任し、広島も含めた“転勤組”が加わった。今夏の社会人野球日本選手権は準優勝と早速結果を出している。

2次予選で重要な試合を任されたのは広島から加入した左腕・本間大暉。社会人入社後に成長した遅咲きで、現在26歳の中堅だ。速球は140キロ台中盤で、スライダーやシンカーといった変化球の質が高く、三振も奪えるタイプだ。他にも昨年のエースだった大野亨輔、変則右サイドの長島彰と好投手は多い。さらに補強で東芝の2投手(善武士、藤村哲之)が加わっている。

注目の新人・中山遥斗は大阪桐蔭高校、國學院大學と強豪校を経ての入社。2次予選は3番・セカンドで起用され、3割を超す打率を記録している。4番を任されるのは名古屋から移籍してきた小柳卓也。日本選手権では打率5割を記録している右の強打者だ。

東邦ガス(名古屋市)は激戦区・東海の第2代表。15回目の出場で初の「1大会2勝以上」を目指す。辻本宙夢は入社直後から主戦を任されている3年目の右腕だ。身長は171センチだがパワフルで、しかもタフ。チェンジアップは独特の縦変化で、初見だと攻略が難しい。投手陣は補強で広島東洋カープ5位の本格派右腕・松本竜也(Honda鈴鹿)と、最速150キロ台の大型左腕・坂巻拳(三菱自動車岡崎)も加わっている。

打線は2次予選で虎谷貴哉、高垣鋭次と大卒新人が大活躍。虎谷はチーム最多の6打点を挙げている。高垣は智弁和歌山高校時代に“ショートで4番”を任された内野手で、予選は打率5割を記録している。

第92回 都市対抗野球大会

◆14:00 ヤマハ(浜松市)vs. 日立製作所(日立市)

昨年の1回戦と同じカードだが、前回はヤマハ(浜松市)が9-0と快勝している。ヤマハは激戦区・東海の第1代表。投手陣は右の本格派から左の変則派まで、多彩なタイプが揃う。2次予選の4試合は3投手が先発して、初戦の先発が誰になるかは読み難い。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ