人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年10月19日

満塁本塁打祭りのレッドソックスが王手か、アストロズはベテラン右腕に託す。ア・リーグ チャンピオンシップシリーズ第4戦展望

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

レッドソックスが第4戦で王手か?

かつて“満塁男”の異名を誇った野球選手がいたが、今のボストン・レッドソックスはさながら“満塁球団”である。

舞台をボストンのフェンウェイパークに移した行われたアストロズとのアメリカン・リーグ優勝決定シリーズ第3戦で、レッドソックスはまたしても序盤の満塁弾で一気に流れに乗り、12-3の大勝でシリーズを2勝1敗とリードすることに成功した。

ア・リーグ チャンピオンシップシリーズ 第4戦

今回の満塁弾の立役者はカイル・シュワーバーだったが、現地10月18日(日本時間19日)の第3戦では、シュワーバー以外にも、ともに敵地での第2戦で満塁弾をお見舞いしたJ.D・マルティネスとラファエル・デバースが今度はホームのファンの前で本塁打を放っており、ボストン打線はほとんどアンタッチャブルな状態になっている。

ちなみにレッドソックスは今季ポストシーズンで、これまでの8試合で20本塁打を記録しているが、これはポストシーズン8試合の本塁打数として、MLB史上最多タイ記録とのことだ。

『MLB.com』のサラ・ラングス記者が試合後に投稿した記事によると、今回のシュワーバーによる満塁弾により、「レッドソックスはMLB史上初めてポストシーズンの単一シリーズで3本の満塁本塁打を記録したチーム」になった。

また、「これまで(単一シーズンでの)ポストシーズン全体でも、3本の満塁本塁打を打ったのは1998年のブレーブスのみだったが、ボストンはそれを2試合のスパンでやってのけた」とのこと。

さらに、今季レギュラーシーズン全体で見ても、レッドソックスの満塁本塁打数は3本だったのだが、同記者は記事の中で、「ボストンはレギュラーシーズンと同じ本数の満塁本塁打をその年のポストシーズンに記録した7つ目のチーム」であると伝えた。

そして、「それらチームは何れも、ポストシーズンでその年のレギュラーシーズンを上回る数の満塁本塁打は打っていないが、2021年のレッドソックスはまだ終わっていない」としている。満塁球団の称号も、むべなるかな、と言ったところであろう。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ