人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年10月12日

【横浜好き】今シーズン最後の6連戦は3勝3敗。「週刊ベイスターズいいとこどり」10月5日~10日号

野球好きコラム by 大久保泰伸
  • Line

横浜DeNAベイスターズ

今シーズン最後の6連戦、相手は2位・阪神と5位・中日。優勝争い真っ最中のチーム相手の“上位いじめ”と、最下位脱出に向けての“直接対決”は3勝3敗に終わり、結果的には順位は変わりませんでしたが、思わぬところで「いいとこ」もありました。

J SPORTS オンデマンド番組情報

快進撃の首位・ヤクルトを追う阪神との初戦は、先発の坂本裕哉が3回5失点と誤算。悩めるルーキー・佐藤輝明に60打席ぶりとなる安打を許すなど、初回から4失点とゲームを作れなかった。4回以降は櫻井周斗とピープルズが2イニングずつ、三上朋也と田中健二朗が1イニングずつを無失点と阪神に追加点を許さなかったが、打線がつながらなかった。

複数安打が出たのは得点した5回のみで、森敬斗の安打と戸柱恭孝の二塁打で作ったチャンスに代打・関根大気のセカンドゴロの間に1点、さらにこの日、唯一のマルチ安打を記録した桑原将志のタイムリー二塁打で記録した2得点に終わった。

投手戦となった第2戦は、相手と同じ8安打を記録しながら、タイムリーが出ず完封負け。先発した大貫晋一が毎回のように得点圏に走者を許しながら、7回途中まで粘りの投球を見せたが、ロハス・ジュニアに浴びた一発に泣いた。大貫が残した1死2、3塁のピンチは三上朋也と田中が切り抜け、ピープルズ、砂田毅樹、平田慎吾も無失点に抑えた。

打撃陣は、プロ初の4番に入った牧秀悟がヒットと二塁打の2安打、戸柱も2安打を記録したが、4回の無死1・3塁の好機に宮崎敏郎、ソト、大和が走者を還せなかったのが痛かった。

第3戦は序盤の3点ビハインドを逆転し、首位攻防戦を前にした相手に手痛い1敗を与えた。先発したロメロが序盤に3失点したが、以降は立ち直り、8回まで投げて勝利投手となり、打のヒーローのソトとともにお立ち台に上がった。クローザー不在の9回はエスコバーが奪三振2の三者凡退と完璧なリリーフを見せた。

ソトが逆転の決勝2ラン本塁打など3打点、スタメンマスクの山本祐大が一塁ヘッドスライディングの気迫のタイムリー内野安打で1打点を記録した。大和がマルチ安打、この日も4番に入った牧が3連戦全てで安打を放った。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ