人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年9月25日

菊池雄星、次回登板の可能性は?

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

登板の機会はあるか

マリナーズの菊池雄星がシーズン後半で不安定なパフォーマンスを見せていることから、現地メディアにより、ワイルドカード争いが最終盤に入る次回の登板予定試合では、左腕が先発ローテーションから外れる可能性が指摘されているのは既報の通り。

『MLB.com』でマリナーズを担当するダニエル・クレーマー記者は、現地24日付で、「マリナーズはキクチのスポットについてどうアプローチできるか?」と題した記事を投稿し、この問題について更なる考察を巡らせている。

J SPORTS 放送情報

  • MLB中継2021

    日本人選手先発試合を中心に生中継!

記事では、冒頭で「ユウセイ・キクチは既に2021年シーズン最後の先発登板を果たしたのか?」と疑問を投げかけた上で、「マリナーズが残りわずか9試合で、アメリカン・リーグ2つ目のワイルドカードの座を2ゲーム差で追っていることから、味方打線が逆転した木曜のアスレチックス戦での3イニングを経て、左腕の先発ローテーションの座は危険にさらされるかもしれない」と現状を説明。

続けて、「彼の次回先発登板は、火曜のTモバイルパークでのアスレチックス戦になるので、マリナーズはアナハイムでの今週末のシリーズを終えた上で決断を下すことができる」とした。

そして、スコット・サービス監督による「先走りはしない。我々にはアナハイムでやるべきことがあるし、向こうでのシリーズの行方を見定めなければならない。これまでも言ってきたように、我々には他力が必要だ。現時点で我々の先を行くチームに負けてもらわなければならない」。

「ただ、こちらは我々にできることをやるだけだし、試合に集中し、勝つことに集中するだけで、もしそれを議論するべき地点に達すれば、それについて考え、話すことになる。でも、現時点で話すことは何もない」とのコメントを伝えた。

クレーマー記者は、現地来週火曜の試合でマリナーズが菊池にマウンドを託さない場合、代替案として、若手有望株マット・ブラシュの登用、そして今月初めに負傷者リストからブルペンに戻ったジャスタス・シェフィールドの先発起用を予想。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ