人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年8月20日

大谷翔平、ベーブ・ルースの生まれ変わりかと言うと、事はそんなに単純ではない

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

ベーブ・ルースとの成績を比較

大谷翔平といえば、その驚愕の二刀流パフォーマンスを伝える上で、現地メディアでは、何かとベーブ・ルースを引き合いに出すのが常套手段となっているのは、日本でも良く知られていることである。

歴史上、二刀流選手としての大谷の比較対象となり得る選手がベーブ・ルース唯一人しかいないのだから、それもやむなしということなのだろう。

しかし、『ニューヨークタイムズ』は現地19日付で電子版に掲載した記事で、「オオタニはルースの生まれ変わりかと言うと、物事はそんなに単純ではない」と、これまでとは幾分異なるテイストでこの2人を比較し、論じている。

同紙は「ショウヘイ・オオタニは“新たなベーブ・ルースか”、あるいは“全く新しい別もの”か?」と題した記事を掲載。

そのサブタイトルを「ロサンゼルス・エンジェルスの二刀流スターは、数え切れないほどヤンキースのレジェンドと比較されているが、彼らの足跡はかなり異なっている」とし、次のように1世紀を隔てた2人の二刀流スターについて伝えている。

J SPORTS 放送情報

  • MLB中継2021

    日本人選手先発試合を中心に生中継!

記事では冒頭で、「“21世紀のベーブ・ルース”“現代のベーブ・ルース”“ベーブ・ルース以来最高の二刀流選手”などなど、水曜に今季40号本塁打を放ったショウヘイ・オオタニの比較対象を探すべく歴史を振り返ると、ファンやスポーツライターは大体において唯一人、ベーブ・ルースのみに辿り着く」とした。

そして、前述のように「オオタニはルースの生まれ変わりかと言うと、物事はそんなに単純ではない」とした上で、ベーブ・ルースのキャリア序盤に着目。

「1915年から1917年の3シーズン、ルースはボストン・レッドソックスでフルタイムの先発投手だった」とし、「時折代打で出場し、そのパワーで人々を驚かせることはあったが、当時彼の本業は投手だった」と、二刀流選手としてキャリアをスタートさせた大谷との違いを指摘。

当時、投手を本業としていたルースは1917年に打率.325をマークし、長打も放っていたことから、「ルース自身、もっと打撃にフォーカスしたくなった」ため、二刀流に転向し、記事では「オオタニとの比較はここから始まる」としている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ