人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年6月21日

AKI猪瀬さんが語る大谷翔平。好調の要因、成績予想、そしてオールスター出場

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

「二刀流」だけでなく、外野の守備にもつく「三刀流」で活躍している大谷翔平選手。プレーするたびに現地のメディアでは、「史上初」「◯◯年ぶり」「ベーブ・ルース以来」という文字が踊る。その大谷選手の活躍について、MLBアナリストのAKI猪瀬さんにお話を伺った。(取材:2021年5月下旬)

大谷選手の好調の原因を探る

大谷翔平

今季の大谷選手の成績ですが、率直に言って凄い。想像をはるかに超えるパフォーマンスに驚きとショックを受けました。これまでのように先発の前後に試合を休む形から、毎日のようにバッター、そしてピッチャーとして出場するというジョー・マドン監督の起用法で、活躍がずっとエンドレスで続いているので、インパクトが強烈です。

「打者・大谷」好調の要因は、計画的に毎年身体を少しずつ大きくしていることがベースにあります。そして、大きくなるにつれて、バッティングフォームを少しずつマイナーチェンジしていますが、その成果がはっきりと数字で出ています。

J SPORTS 放送情報

  • MLB中継2021

    日本人選手先発試合を中心に生中継!

フライボールレボリューションがトレンドとはいえ、あれだけアッパースイングで、強くボールを叩けるのは、並大抵のフィジカルではできない。肉体改造とそれに合わせたフォームの調整が上手くマッチングしているのでしょう。

投げる方、打つ方と使う筋肉が違うので、身体を大きくすると「打者・大谷」にとっては非常に有利になりますが、大きくし過ぎてしまうと、「投手・大谷」にとってはマイナスです。ですので、今はちょうどいいバランスが取れている状態だと思います。

そして、下半身が非常にたくましくなりました。メジャーデビュー当時から比べると、はるかにしっかりと大きくなっているので、この下半身の強さが、「打者・大谷」にとっても、「投手・大谷」にとっても非常にプラスになっていると感じます。

また、投げる方に関してはトミージョン手術からの回復があげられます。ダルビッシュ有投手が、トミージョンを経験すると16~18カ月では治らない、2年経たないとベストなパフォーマンスは戻らないと語っているように、術後2年以上(手術日:2018年9月30日)を経過して、いい状態に戻ってこれたと思います。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ