人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年5月20日

【横浜好き】すっきりしない先週でも「週刊ベイスターズいいとこどり」5月11日~16日号

野球好きコラム by 大久保泰伸
  • Line

左から桑原、宮崎、牧

西日本は記録的に早い梅雨入り。関東地方もぐずついた天気が続く中、2試合が雨天中止、2つの引き分けに2敗と、勝ち星なしに終わった先週のベイスターズ。自力優勝の可能性が消滅したり、復活したり、天気と同様にすっきりしない週だったが、今回もいいとこを探していきましょう。

地元に巨人を迎えた初戦は、終盤までロースコアの接戦になった。先発した大貫晋一は、3回に梶谷隆幸、ウィーラー、丸佳浩を3者三振に打ち取るなど、6回2失点と安定したピッチング。立ち上がりの連打と外国人への不用意な1球が悔やまれる結果となったが、先発としての役割は果たした。

後を継いだエスコバー山崎康晃のリリーフ陣は1イニングずつを無失点。エスコバーが梶谷との対戦で見せた文字通りの「タッチアウト」に、スタンドは温かい空気に包まれた。攻撃陣では、オースティンが本塁打とタイムリー安打で2打点の活躍。桑原将志が2安打1四球で、5打席中3度の出塁とトップバッターの役割を果たした。

終盤の本塁打の打ち合いで引き分けに終わった第2戦は、宮崎敏郎がバックスクリーンに飛び込む2ラン本塁打を含む2安打。8回にはソトがその時点では逆転弾となる2ランを放ち、続く牧秀悟はFA移籍の井納翔一からレフトスタンド中段に飛び込む8号本塁打を放った。守備ではショートの大和が再三の好プレーでいい流れを作った。

投手陣では先発の濱口遥大が初回に3点を失ったが、2回以降は毎回走者を許す苦しい投球も粘りの投球で7回3失点に抑えた。2番手の石田健大は1死1・2塁のピンチを招いたが、2者連続三振で無失点に切り抜けた。

敵地での広島との初戦は、打線がわずか4安打とひと足早い梅雨入り状態の中、大和がこの日唯一となるタイムリー安打で打点を記録。2度目の先発となったロメロが、打者として高いバウンドの内野安打で来日初ヒットを記録した。味方の失策もあり9失点の投手陣では、3番手で登板した国吉佑樹が2イニングで3つの三振を奪うなど、打者6人をパーフェクトに抑えた。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ