人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年4月21日

【横浜好き】1週間勝ち星なしでも…。「週刊ベイスターズいいとこどり」4月13~18日号

野球好きコラム by 大久保泰伸
  • Line

ヤクルト戦で一発を放った宮崎(中)、牧(右)

ついに1週間、勝ち星なしという事態になってしまったが、勝っても負けても活躍した選手を紹介する『週刊ベイスターズいいとこどり』(仮)は今週も続きます。

雨が降りしきる中、極寒のナイトゲームあり、春の日差しが眩しい週末のデーゲームありの6連戦では、様々なことがあった。


神宮でのヤクルトとの3連戦。初戦にソトオースティンの両外国人がいよいよ一軍登録。スタメン出場は見送られたが、8回に代打で登場したオースティンが今季初打席でセンター前へライナー性の当たりで今季初ヒットを放った。

スタメン出場の選手では、宮崎敏郎が今季2号となる本塁打を含む2安打と、ひとり気を吐いた。投手では、7回に3番手で登板した櫻井周斗が、今季初の一軍マウンドで1イニングを無失点に抑えた。

雨で中断もあった第2戦では今週もこの人、ルーキーの牧秀悟が先制点となる2点タイムリー二塁打と、右方向へのソロ本塁打で3打点の活躍。投手陣では3番手の伊勢大夢と、5番手に登板した連投の櫻井が1イニングを抑えた。

投手戦となった3戦目はオースティンが3番、ソトが5番で今季初めてスタメン出場していずれも1安打。ソトは5打席目で今季初安打となった。その他の野手では、柴田竜拓が、この日唯一の得点となったタイムリー内野安打を含む2安打。佐野恵太、宮崎もマルチ安打を記録した。

投手では先発した濱口遥大が、初回に2本の本塁打を打たれたが、以後は立ち直り、2回以降は打たれた安打は1本のみで、6回まで10奪三振の熱投。後を継いだ平田慎吾山崎康晃もヤクルトに追加点を許さなかった。

J SPORTS オンデマンド番組情報

地元に2位の巨人を迎えた初戦は、2年目左腕の坂本裕哉が今季初先発。菅野智之との投げ合いとなり、5回を投げて10安打を浴びたが、失点は3にとどめた。野手では、宮崎が2試合連続となるマルチヒットと孤軍奮闘の働きを見せた。

2戦目は、初回に牧がリーグ2位タイとなる6号本塁打。牧は2塁守備でも1・2塁間の当たりをうまく処理して併殺を完成させるなど、本来のポジションで好守も披露した。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ