人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年4月15日

秋山翔吾、「強く振ってアジャストする」。メジャー2年目、3割への挑戦。

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

2年目のシーズンに挑む秋山翔吾

メジャー1年目は54試合に出場、打率.245、本塁打0、打点9、盗塁7、出塁率.357と苦戦した秋山翔吾秋山翔吾。しかし、シーズン終盤の9月には、チーム最高となる月間打率.317、出塁率.459を記録するなど、1番打者として活躍。チームのポストシーズン進出に貢献した。

現在は左太もも裏痛で離脱中だが、順調に回復。4月中旬から下旬をメドに復帰の準備を進めている。今回の多村仁志さんとの対談は、スプリングトレーニング前の2021年1月に行われた。

J SPORTS 放送情報

  • MLB中継2021

    日本人選手先発試合を中心に生中継!

◆2年目のシーズンに向けての準備

多村:帰国してから自主トレ含めて、どうオフを過ごしていますか?

秋山:11月の頭に帰ってきて、2週間自主隔離をしていました。「ライオンズの施設を使っていい」というお話を頂いたので、そこでボール使って動いて、下田に自主トレに行っていた時期もありましたし、都内でトレーニングをしていました。

多村:自主トレ期間中で自分が重視した練習はありますか?

秋山:毎年テーマとしているのは、とにかく『走る』ということですね。筋力をつけたり、いろいろボールを使って、というのはもちろん大事なんですけど、それを継続させるためにとにかく走る。

自主トレのテーマは走る

野球はどうしても連戦ですし、週明けはよくても、連戦の最後に体力が持たないのは困る。それを続けるための、一瞬ではなくて継続的に出すために体力の維持としてランニングが重要だと思っています。あと、今年はかなりバットを振る量というか、時期をかなり早めましたね。

多村:いつもだったらどのくらいの時期からですか?

秋山:1月に入ってとまでは言わないですが、12月の後半とか半ばくらいからバットを振ればいいかと思っていました。でも、シーズンが終わってシンシナティで1か月くらい、トレーナーからも「ゆっくりしてから、もう1回作り直してくれ」という話をされていたので、その間も体幹トレーニングをしたり、バイクをこいだりとか、柔軟性を高めるトレーニングをやりながら、バットだけは降り続けていました。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ