人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年3月25日

【楽天好き】ついに開幕!キーマンは「修正の達人」田中将大

野球好きコラム by 松山 ようこ
  • Line

ついにプロ野球が開幕する。今季は例年どおりの143試合。昨季は新型コロナウイルスの影響で120試合(それでもすごいことだが)だったので、野球不足だったファンには喜びもひとしおだろう。

しかも、今季の楽天はなんと言っても田中将大という大スターが復帰。球界の識者たちが、ソフトバンクと並んでシーズン優勝候補に楽天を挙げている。

開幕前から下馬評がここまで高いのは、球団創設以来初めてとも言える。それは期待するに十分な戦力が整っているからこそだが、その戦力をGMとして辣腕を振るって整えてきた石井監督自身が、「ネガティブなのでそうは思いません」と兜の緒を締めているのも、逆説的ながらさらに期待が高まる。

J SPORTS 放送情報

今季の一番の変更点は、新型コロナウイルス対策のため、全試合が9回までとなること。勝っても負けても同点でも、9回で打ち切りになる。そのため、チームの戦い方も変わってくる。コロナ禍の有事で致し方ないとはいえ、開幕直前に決まった決定だ。

どのチームにも少なからず動揺も走ったと思われるが、楽天には安心感すら漂う。というのも、どんな時もマイペースらしい石井監督が、変わらずどっしりと落ち着いて見えるからだろう。

思えばこれも、キャンプ中から同監督が繰り返し言っていた「想定外やイレギュラーなことが起きた時に、どれだけ対応できるかが重要」を体現しているようで心強い。

チーム最大のカギは、まず誰がどう見ても田中。日本球界復帰の初年度ということで、なおも修正に苦労はある様子。

パ・リーグのみならず野球界、スポーツ界すべてから注目を集めているので、なかには「今年はちょっと苦しいのでは」と言った意見も稀に(というのがすごいけれど)見られるが、ほとんどの識者が言うように「大丈夫」「問題ない」と思われる。

思い出されるのは、メジャー初年度に田中が毎回のように修正を重ねて、周囲の雑音を鎮めていったこと。ついには現地実況やメディアから「Mr. Adjustment」(修正の達人)と呼ばれるようにもなり、その順応性が高く評価された。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ