人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年2月22日

【楽天好き】「優勝しかない」。チーム最年長、藤田一也の目標

野球好きコラム by 松山 ようこ
  • Line

一軍キャンプでは石井監督が「若手に台頭してもらいたい」と叱咤激励。中継で見ているだけでも連日、活気がみなぎる様子が伝わってくる。では、その対極に位置する二軍キャンプのベテランはどう過ごしているのだろうか。

例えば、「ベテランは二軍で調整」と言われることもあるが、どんな調整をしているのか。昨年までキャンプ取材に行くたび、そのベテランこそエネルギーをみなぎらせて練習している姿を、何度も目撃してきた。

コロナ禍での昨季を経て、自主トレからキャンプまで、どんな準備をして、また何を思っているのか。17年目の藤田一也が、こちらが準備した様々な質問に広報を通じて答えてくれたので、まとめてお伝えしたい。

J SPORTS 放送情報

「オフの休みは要らなかった」「とにかく休まず身体を動かしていた」と、オフからすでにエネルギッシュで期待を裏切らない様子。藤田は今季、チーム最年長で7月に39歳になる。

コロナ禍でイベントや球団行事が軒並みなくなったことで時間ができたことに加えて、「昨季はキャリアで最も出場機会が少なかったから」と理由を明かすなど、さすがの時間の使い方とスタミナで、不完全燃焼すら覗かせる。

昨季は、新型コロナウイルスの影響で開幕前の実戦も激減。藤田は「2週間の練習試合での調整は難しく、調整不足を感じた」と振り返りながらも、「今年は年齢的にもチャンスは少ないと思うので、練習から工夫してバッティング練習では、いつもより短い距離で投げてもらって打つなどしている。今まで以上に実戦を意識して練習から取り組んでいる」と創意工夫して備えているようだ。

キャンプ前の自主トレは、社会人2年目の小深田大翔と高卒2年目の黒川史陽、4年目の山崎剛選手、そしてサブちゃんこと福山博之投手と行ったことが伝えられている。このメンバーで実施するに至った経緯については、「全員が志願してきてくれたので、受け入れて一緒に行いました。若い選手から言われたのは嬉しかったですね」と喜ぶ。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ