人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2020年1月20日

【中日好き】笠原祥太朗、開幕投手の逆襲

野球好きコラム by 森 貴俊
  • Line

わずか1年で天国と地獄を味わった。先発投手の晴れ舞台。昨年3月29日の開幕戦。笠原は横浜スタジアムのマウンドに立った。

そこからわずか1ヶ月半。笠原は病室の天井を見つめていた。4月27日の阪神戦登板回避。そして5月10日、笠原に下された診断は「発作性上室性頻拍」。手術を決断した。

ナゴヤドームの練習中だった。激しい動悸に襲われ、その場にしゃがみ込んだ。「誰にも気づかれたくない」。そう思うのも笠原らしい。異変に気付いたチームトレーナーが駆け寄る。

「どうかしたか?」「少し動悸が…。以前からありましたから大丈夫です」

笠原は「僕の中では、大学の頃からありましたし、よくある事だったんで。また来たなって感じでした。他の人には起きないけど、僕はこれが普通だったんで」

チームからは一度検査をするように言われた。4月26日、笠原は病院に向かった。医師に向かって笠原ははっきり言った。「明日先発なんで。先生、何とかなりませんか?」

しかし、返された言葉は「許可できない」だった。

J SPORTS オンデマンド番組

心臓に向かって右の鎖骨下、そして右の鼠径部からカテーテルを挿入し不正な信号が出ないよう手術が施された。

復帰から2軍戦で4試合。笠原は再び1軍に呼ばれた。7月21日、横浜スタジアム。4回8安打5失点。敗戦投手になった。

笠原は「1軍に呼ばれた事は本当に嬉しくて。でも、不安の方が大きかったですね。2軍で4試合。正直イニングが足りていない。もう少し2軍で投げてからって思いはありました」と話した。不安は的中していた。

復帰後1軍では4試合。1勝2敗、防御率9.60、2軍行きが告げられた。復帰後モチベーションを保つ目標があった。9月3日、新潟での巨人戦。新潟は笠原の故郷だ。

「なんとか新潟で投げたいって思いはあったんですけどね。叶いませんでした。まあ投げていたボールを見ても、どうしようもなかった。1軍に復帰して、やりながら何とか復調したらなって思っていましたが、戻りませんでしたね」。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ