人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年7月12日

狭き門をくぐり抜けた6チーム。都市対抗野球チーム紹介:中国、四国、九州代表

野球好きコラム by 大島 和人
  • Line

7月13日に開幕する第90回都市対抗野球大会に向けて各チームの紹介、注目選手の紹介を行っていく。今回は中国、四国、九州の3地区から出場する6チームを紹介する。

J SPORTS 番組情報

◆JFE西日本(中国第1代表)

中国第1代表は3年ぶり10回目の出場となるJFE西日本だ。投手陣、守備に強みがあり、2次予選5試合のうち3試合が無失点。

エースはもちろん高卒3年目の左腕・河野竜生だ。河野は1年目、2年目は補強選手として東京ドームのマウンドに立ち、ドラフト上位候補として名前が挙がっている。

登録は「174センチ・75キロ」のままだが、体格は2年前に比べて明らかに逞しくなっている。2017年の東京ドームでは常時130キロ台後半程度だった球速も、10キロ近く上がった。

定番のスライダーに加えて、かつての中日の今中慎二が投げていたようなスローカーブも持っている。テイクバックが小さく、出どころを「隠せる」ところも武器だ。

2次予選は防御率0.00、23イニングで31奪三振という圧倒的な成績を残した。今大会でも再注目の投手と言っていい。他にも尾田恭平、中川一斗と好左腕が揃っていて、JFE西日本は左腕王国の感もある。

打線は入社からまだ日の浅い若手が結果を残している。入社1年目の右打者・鳥井凌は4番を任され、予選の打率こそ2割台だったがチーム最多タイの5打点を記録。2年目の右打者・古田塁は3番を任され、打率.533とよく打った。

侍ジャパン社会人代表の名ショート・田中友博(三菱重工広島)が補強選手として陣容に加わったことも心強い。

J SPORTS オンデマンド番組

◆シティライト岡山(中国第2代表)

中国第2代表は初出場のシティライト岡山だ。2010年に楽天イーグルス入りした土屋朋弘投手ら、プロ入りは過去に複数出している。選手は自動車販売業に従事している。

ヤクルトスワローズ出身で、2017年に入社したのが左腕・児山祐斗。182センチと体格に恵まれ、変化球を上手く使えるタイプだ。

後藤田崇作は、鳴門高時代から抜群の制球力を見せていた技巧派右腕。児山と後藤田が投手陣の二本柱となる。

打線は179センチ・115キロのスラッガー小竹一樹が4番を任される。千葉県2部・3部の日本橋学館大でプレーしつつ、当時はドラフトの隠し玉として話題になった26歳の右打者だ。予選は打率.350を記録し、6試合で8四死球と手堅さもある。

激戦区の中国予選を制した「ご褒美」は強力な補強選手。技巧派左腕・平岡航(伯和ビクトリーズ)、堅守のショート・松永弘樹(三菱重工広島)、強打の内野手・田村強(JR西日本)を補強できたことも本大会への大きな後押しとなるだろう。初戦は宮崎梅田学園との初出場対決だ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧