人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年6月16日

明治大学、38年ぶりの日本一まであと1つ。伊勢大夢が「神リリーフ」で勝利呼び込む。全日本大学野球選手権

野球好きコラム by 明大スポーツ新聞部
  • Line

全日本大学選手権、東京農業大学北海道オホーツク(北海道学生連盟)との準決勝、1-1で迎えた8回裏。

相手の捕逸で勝ち越すと喜多真吾内野手(法4=広陵)の2点本塁打などで一挙4点を獲得。最後は3回からロングリリーフとなった伊勢大夢投手(文4=九州学院)が三振で締め、明治大学が決勝への切符を手にした。

J SPORTS 番組情報

先発のマウンドには今季、リーグ戦で4勝を挙げた竹田祐投手(政経4=履正社)。初回、先頭打者を三振で斬るなど上々の立ち上がりを見せるかと思われた。

しかし、2番・新宅(東農大北海道)に投じた直球は捕手のミットよりも内側に。甘く入った球を振り抜かれ、無情にも打球は右翼スタンドに吸い込まれた。これには竹田も身体をのけぞり、悔しさをあらわにした。

追いつきたい明大は2回裏。今大会、5安打6打点と好調を維持する北本一樹内野手(文4=二松学舎大付)の中前安打で出塁。続く喜多は詰まり気味の中飛。

「あれはいいところに落ちてくれました」(喜多)と二塁手と中堅守の間に運良く打球が落ち、その間に北本が一気にホームを狙い生還。相手のミスもあり試合を振り出しに戻す。

そして、早くも明大ベンチが動く。「何とか流れを変えられないかという感じだった」(善波達也監督)と、3回に竹田から伊勢に投手を交代。この継投が期待以上の結果につながった。

写真:3回からリリーフ登板し好投した伊勢

前日のブルペンでは「明日、先発だったらなと思った。万全な形でした」(伊勢)と、今大会本塁打を放っているブランドン(東農大北海道)を低めのシンカーで空振り三振。

続く打者からも空振り三振を奪い、三者凡退。最速も150から151キロに更新し、調子の良さを投球で披露。その後も伊勢は140キロ後半の直球を軸に、緩い変化球を織り交ぜ、相手打線を翻弄。

制球も良く、8回まで無安打6三振を記録する。「圧倒できたというか、自信を持って投げれていた」(伊勢)と気迫もボールに乗り、打者を寄せ付けなかった。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧