人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年6月12日

東北福祉大〇1-0●創価大『1点あればそれで充分』

野球好きコラム by 岩瀬 孝文
  • Line
静かに、とめどもない静寂の中で進んだ試合。 どちらもグラウンドに響く慣れた心地よい応援は、一瞬、消え去った。 打ったボールはライトスタンド中段へと飛んでいった。右翼手と中堅手が足はやく塀際に駆け寄り、瞬時うらめしそうにそれを見送った。 「直球に絞って、自然体で打つことができました」 5回裏、ここまでの均衡を破った7番楠本内野手のソロホームランだった。

楠本内野手(東北福祉大)


ベンチから本塁打を見届けた先発山野投手と抑えの津森投手が囁き合った。 「1点あれば、充分だ」 被安打2で快投を続けた先発の左腕山野から右サイドスローの津森へは、予定どおり7回に交代。

山野投手(東北福祉大)


津森投手(東北福祉大)


その思い切りよい采配と、集中して振り回す豪快なバッティングは、ともすれば大味になりそうな、いや、それは普段の練習から研ぎ澄まされたもの。どのようにすれば走者を返すことができるか並びに相手を抑えることができるのか、と、考え抜かれた選手それぞれの積極的な姿勢そのものだった。 「守りは短く、攻めは長く。さあ、いこう!」 ときおり笑顔が見える大塚監督の指針がベンチの隅々まで息づく。

望月投手(創価大)


  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧