人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年5月14日

【広島好き】平成最後のホームランボールの意外な行方

野球好きコラム by 大井 智保子
  • Line

令和の時代がはじまって半月が経過し、カープは嬉しい貯金生活が再びはじまった。ゴールデンウィーク、平成と令和の時代を挟みながらの12連戦では6勝5敗1分と、勝ち越すことに成功。

「鯉のぼりの季節まで」と、過去に言われ続けていたカープとはやはり違う。3連覇を経て、昨年よりも戦力がダウンした中で開幕からの1ヶ月を乗り越え、「鯉のぼりの季節から」と言えるほどに鯉戦士たちの頑張りが実を結び始めている。

J SPORTS 番組情報

1番大きかった穴は、もちろんタナキクマルのマル、不動の3番・丸佳浩の穴だったが、ここが固定されつつある事が大きな収穫となった。ドミニカンのサビエル・バティスタだ。

4月27日から5月12日までの15試合で、16安打と絶好調。その中で本塁打が6本、打点は12点と申し分ない活躍だ。開幕からなかなか固定できず、試行錯誤してきた3番打者がバティに決まる事で、これからの戦いが楽になっていくのは間違いない。

そんなバティは、4月30日に平成最後のホームランを打った選手だ。「令和初」のホームランは、ジャイアンツの坂本勇人。そのホームランボールについて、フィーチャーされていたのを見た方も多いのではないだろうか。

一方、平成最後のホームランボールはどこにも取り上げられていない。バティが阪神甲子園球場で8回表に打った、「平成最後」の3ランホームランボールは一体どうなったのだろうか?

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧