人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年5月11日

【中日好き】大野奨太、「僕は腐らない」

野球好きコラム by 森 貴俊
  • Line
野球好きコラム 中日好き

2009年ドラフト1位で日本ハムに入団。ルーキーイヤーから77試合に出場。そこからほぼ正捕手としてファイターズ投手陣を引っ張ってきた。

2017年オフ、FA権を行使して中日ドラゴンズに入団。もちろん、正捕手としての日々を誰もが予想した。そうなるはずだった…。

2019シーズン、与田監督のもと新たなスタートを切ったドラゴンズ、ここまでスタメンマスクが最も多いのは、加藤拓馬の24試合。

続いて松井雅人と大野奨太が5試合で並んでいる。大野奨太は出場16試合。スタメンの5試合を除くと、11試合が途中からマスクを被っている(5月10日試合終了時点)。

J SPORTS 番組情報

私は試合に途中から出場するのに、最も難しいポジションはキャッチャーだと思っている。試合の流れはもちろん、キャッチャーの配球は第1打席から時系列で布石を打って行くからだ。大野奨太はそこをどう考えているのか。

「途中からマスクを被るのは難しいですよ。配球の流れがありますからね。ベンチ内で、ずっと頭の中でリードしています」。

「人の配球をただ見ているだけでは頭に残らないから。自分も試合に出ているつもりでリードしています。そうしないと途中から出ても試合に入っていけないですよ」と話す。

そもそも、プロ入り前も含め、これほど試合の途中から出場した経験があるのだろうか。素朴な疑問をぶつけてみた。

大野奨太は「プロ入り後はないです。スタメンで出ながら時折途中出場はあってもここまでベンチスタートが続いているのは、ドラゴンズに来て初めてですね」。

「ほぼ試合にはスタメンで出る事が多かったんで。途中から試合に出る難しさはこの2年で痛感していますよ」と明かした。

さらに気になるのが大野奨太の心の部分だ。FAでドラゴンズに加入も、去年最もマスクを被ったのは松井雅人、今年は加藤拓馬と大野奨太は2番手以降に甘んじている。

「悔しいですよ。でも、全く下を向いていませんね。僕は野球に関しては絶対に腐りません」。

「すべてにおいて前を向けるわけではないです。でも野球に関しては絶対に腐らないと決めているんです。腐っても、不貞腐れても、下を向いても、何一ついい事はない。だから腐る意味がないです」と話した。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧