人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年2月2日

【楽天好き】浅村栄斗、キャンプ初日の「戸惑い」と「落ち着き」

野球好きコラム by 松山 ようこ
  • Line

「ヨ・ユー、ヨユー」。全体ウォームアップから、元気に走っていたウィーラーがこう繰り返した。

ウィーラーなんだから(?)、そんな初日の朝から飛ばすなよとばかりにコーチ陣が「大丈夫か?」声をかけたのだが、当の本人は、こう言ってはちょっとドヤ顔。周りもほんわかと笑顔になる。

久米島キャンプ初日は曇り空。強めの風が吹く肌寒いグラウンドで、楽天イーグルスの選手たちは快活にトレーニングメニューをこなしていった。ただし、笑顔がこぼれるなか、時折そこかしこでとんでもない送球や打球が走る。

やはり、選手の素顔と秘めた闘志がこれほど顕わに見られるのは、キャンプならでは。逆説的なまでに、和やかなムードと競争が同居している日々には、シーズン中にはないドラマがある。

今季キャンプで最も注目を浴びているのは、新加入してきた打点王・浅村栄斗。彼が動けば、メディアがぞろぞろと大移動する。

それでも、朝から球場を行ったり来たりと熱心に選手たちの様子を見守る石井一久GMが、「初日だからどうかなと思ったけれど、張り切りすぎていないので安心した」と言うように、浅村は全身に浴びる視線にも臆することなく、自然体で練習しているようだった。

◆「直人さんがいて本当に助かった」

初日にお届けした、J SPORTSの生インタビューで岸孝之が、浅村について言っていた。

「野球のほうは心配することはないと思う。黙々とマイペースでやってくれたら、後輩たちもついてくるんじゃないかなと楽しみにしています」。

まさにその通りで、浅村はこの日の終わりになると、「普段から調整の軸として大切にしている」というロングティーを黙々と続けた。

しなやかでダイナミックなスイングのすぐ後に、響き渡るカーンという柔らかな打球音。放たれたボールは、次々と特大の弧を描いていく。当然、ここでもメディアやファンがにわかに集まった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧