人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2018年12月30日

【侍ジャパン2018年振り返り】秋山翔吾、柳田悠岐、甲斐拓也のプロ意識と松井秀喜コーチの本気。日米野球の舞台裏

野球好きコラム by 松山 ようこ
  • Line

11月に日本で開催されたJAPAN ALL STAR SERIES「2018日米野球」は、侍ジャパンがシリーズで3度もゲームをひっくり返し、5勝1敗とメジャーに大勝した。

最後まで諦めることなく、粘っての逆転勝ち。何度となくスタジアムが湧き、スーパープレーにどよめきが起こった。

かつてのように、MLB選抜チームから現役バリバリのスター選手が居並ぶことはなかったが、MLB監督は通算665勝のドン・マッティングリー監督(マーリンズ)。

また、凱旋帰国した松井秀喜コーチ(ヤンキース)らが、日本への最大限のリスペクトを持って臨んでくれたことで、勝敗を超えたみどころにも満ちていた。

指揮官は同チームを率いることについて、「野手には、フアン・ソト(ナショナルズ)、ロナルド・アクーニャJr.(ブレーブス)といった若い実力者を揃えることができた。また、ヤディアー・モリーナという大スターも見られる」と期待も込めていた。

事実、その期待に応えるように、前月に20歳になったばかりのソトは、東京ドームの天井に2度もぶつける豪快な打球をみせたほか、モリーナは勝利した第3戦で脅威の牽制と3ランで攻守に活躍。

大会中にナ・リーグの新人王が決まったアクーニャは、最終戦でナゴヤドームのバックスクリーン右横に意地のホームランを叩き込んだ。

たくさんの劇的な場面が生まれたシリーズの裏では、何が起きていたのか。前回に続いて、密着したエグゼクティブ・プロデューサーの三木慎太郎の証言とともに、知られざる事実をお伝えする。

◆猛練習していた秋山。シリーズ中に野球教室の柳田と甲斐

「正直、ここまでとは思いませんでした。こうして裏に入ってみて、改めて彼らのプロ意識に驚かされましたね」。侍ジャパンの印象を尋ねると、三木プロデューサーはこう総括した。

長いレギュラーシーズンを終えた後にもかかわらず、準備を徹底する姿勢、そしてフィールド内外の振る舞いが立派であったという。

「国際経験が豊富だから」とチームを牽引することを求められた秋山翔吾(西武)は、開幕から指揮官が絶賛する活躍ぶりだったが、その影でかなりの練習をしていたことも。

「東京では、最後まで一人でグラウンドに残って練習していた」と同プロデューサーは証言する。そうしてしっかりと調整をしたからこそ、初戦から打線を牽引することができたのだろう。

その打棒が炸裂した柳田悠岐と「甲斐キャノン」が話題を呼んだ甲斐拓也は、日本シリーズを制したソフトバンクから選出された。

つまり、今シーズン最も長く試合を戦った選手でもあるが、シリーズ移動日の合間を縫って、福岡の小学校へサプライズ訪問で野球教室も行っていた。

その登場は、6年3組の朝礼の時。朝一番に子どもたちの興奮する声が響き渡り、2人は連戦の疲れを微塵もみせることなく、子どもたち憧れのスター選手として親身に指導にあたったという。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧