人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年9月11日

彼らは悔しさをかみ殺し、日々過ごしている。勝負の世界は厳しい

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
エジル

序列は力で代えられる。与えられたチャンスを活かし、監督やコーチにアピールすれば、ベンチウォーマーからレギュラーに格上げだ。しかし、三~四番手になると出場機会はほとんど得られず、いわゆる飼い殺しになる。そんな屈辱には耐えられない。

J SPORTS放送情報

この夏、マンチェスター・ユナイテッドからローマに新天地を求めた(ローン移籍)クリス・スモーリングは、典型的な例といっていいだろう。エリック・バイリーがプレシーズンマッチで膝に全治4~5か月の重傷を負ったにもかかわらず、センターバックの序列では四番手。バリー・マグァイア、ヴィクトル・リンデレフはともかくとして、若手のアクセル・ツアンゼベよりも下に置かれたのだから、移籍を決意したのは当然だ。

トッテナムのセルジュ・オーリエも構想外になりつつある。レギュラーの右サイドバックだったキーラン・トリッピアーがアトレティコ・マドリーに移籍。オーリエにチャンスがやって来るはずだった。ところが、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督はカイル・ウォーカー=ピーターズを第一候補と考え、センターバックのフアン・フォイスやダビンソン・サンチェスを右サイドバックに起用する方針だ。オーリエは厳しすぎる状況に追い込まれた。移籍市場が再開する来年1月に、トッテナムを離れる公算が非常に大きい。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ