人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2024年2月24日

凄まじい意地を見せたイリヤ・マリニンが金色の栄冠を掴む「楽しい経験。すごく心地よかった」 | 全米フィギュアスケート選手権2024 男子シングル レビュー

フィギュアスケートレポート by J SPORTS 編集部
  • Line
全米フィギュアスケート選手権 男子シングル

全米フィギュアスケート選手権 男子シングル

圧倒的な大差で、余裕の全米選手権2連覇。イリヤ・マリニンは大会史上最多の19.55点差でショートプログラムを折り返すと、トータルではその差をさらに29.85点にまでのばした。SP108.57点、FS185.78点、総合294.35点を手に、金色の栄光を勝ち取った。

「望んでいたように出来たわけではなかったですが、楽しい経験でした。ステップを踏むたびに観客のみなさんが反応してくれたことが、すごく心地よかったんです」

「クワッド・ゴッド」マリニンは、世界中を唖然とさせたGPファイナルほどの、クレイジーな成功を収めたわけではなかった。昨年末の北京では、史上初めてSPで4回転アクセルを組み込み、フリースケーティングでは4回転×6本の構成で挑んでいる(1本転倒)。

一方で今回のナショナルSPでは、アクセルは3回転を1つ飛んだだけ。もちろん3Aは、9人のジャッジのうち4人が出来栄え点GOE+5、残り5人が+4をつけるというずば抜けた評価。また4回転2本の難構成には変わりなく、完璧にさらりと実行した。

FSで4本「しか」4回転を実践できず、コンビネーションも1つしか入れられなかったのは、マリニンにとってはちょっとした異変だったかもしれない。

すでにトレードマークとなった冒頭の4回転アクセルは、きれいに着氷した。続く4回転ルッツも悠々と決めた。ところが続くループが、2回転に抜けてしまう。慌てず4回転サルコーはきっちりこなしたものの、プログラム後半に再びジャンプが乱れた。4回転ルッツからのコンビネーション予定が、ルッツの転倒でシングルジャンプとなり、つまり繰り返し違反も取られた。さらに4回転トーループからのコンビネーションも、1本目が2回転にとどまった上に、やはり2本目をつけられなかった。

しかしマリニンは、チャンピオンとしての凄まじい意地を見せた。演技最後のジャンプ要素で……今シーズン普段なら3回転ルッツ+3回転アクセルのジャンプシークエンスでまとめてきたところを、3本目に3回転トーループを力づくでねじ込んだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

人気ランキング(オンデマンド番組)

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ