人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2024年1月30日

鍵山優真や三原舞依が出場!世界チャンピオンへの登竜門で、4大陸の猛者たちがしのぎを削る | ISU四大陸フィギュアスケート選手権2024プレビュー

フィギュアスケートレポート by J SPORTS 編集部
  • Line
鍵山優真/三原舞依

鍵山優真や三原舞依ら日本人選手の活躍から目が離せない

欧州を除く4つの大陸……アジア、アメリカ、オセアニア、アフリカをまたにかける壮大なる四大陸フィギュアスケート選手権が、今回で記念すべき25回目を迎える!

名だたる王者たちが、勝利者リストにその名を刻んできた。また時には、未来のチャンピオンたちの、登竜門としての大切な役割も担ってきた。たとえば高橋大輔、パトリック・チャン、ネイサン・チェン、浅田真央、そして坂本花織は、4CCの金メダルを最高のステップにして、世界の頂点へ上り詰めた。

2024年大会は2月1日から4日までの4日間の東方体育中心にて繰り広げられる。2015年世界選手権の会場ともなった舞台で、美しき春の息吹があふれ出す。

■男子

四大陸選手権とは鍵山優真にとって、ある意味、スタート地点。世界ジュニア、世界選、さらには五輪で表彰台を経験してきた20歳が、生まれて初めてISU国際チャンピオンシップの表彰台に上ったのが、2020年の四大陸選手権だった。

復活の今シーズン、4年ぶりに四大陸へと帰ってくる。1月のインカレでは、4回転フリップに初トライ。残念ながらすっぽ抜けて1回転に終わったが……果たして上海でも、未完の大技に改めて挑むか。世界選手権で自身3つ目のメダルを狙うと宣言する鍵山にとって、成功すれば、大きな武器となる。

1年前の4CCで、佐藤駿もまた、初めてのISU選手権メダルを手に入れた。SP6位と苦しみながら、FSで目の覚めるような4回転ルッツを決め、表彰台の3番目の位置へと飛び乗った。

同じく4回転フリップも、いまだ「!(エッジ不明瞭)」マーク付きではあるけれど、佐藤は何度も成功させてきた。この四大陸では、来季以降のさらなる飛躍のために、FSで4回転4本の難構成を試すのかもしれない。

また鍵山はカロリーナ・コストナーに師事し、佐藤はギヨーム・シゼロンに振り付けを依頼することで、今季は「魅せる」能力にもますます磨きがかかった。もちろん山本草太の繊細で、優雅で、ときに官能的なスケーティングや表現力は、極めて定評が高い。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

人気ランキング(オンデマンド番組)

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ