人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2024年1月26日

第73回全国高等学校スケート競技選手権大会フィギュアスケート競技 女子シングルレビュー

フィギュアスケートレポート by 中村康一(Image Works)
  • Line

第73回全国高等学校スケート競技選手権大会(インターハイ)のフィギュアスケート競技が、2024年1月18日~21日の日程で、茨城県ひたちなか市、山新スイミングアリーナにて開催された。コロナ禍での無観客、縮小開催が続いていたインターハイだが、実に4年振りの通常開催となり、選手ご家族、ファンが会場で観戦できるようになったことは実に喜ばしいことだ。女子の出場選手は、数こそコロナ禍前に比べると大幅に減っているのが寂しいが、世界選手権、世界ジュニア選手権、ユース五輪の代表を含む、レベルの高いメンバーとなった。

1位 吉田陽菜

吉田陽菜

今季はシーズン序盤から好調を維持、念願の世界選手権の代表に選ばれた吉田陽菜が最後のインターハイで初優勝を果たした。トリプルアクセルが武器の選手であり、その実力は高校生ではナンバーワンだ。能力通りの結果を出した形だ。

「一つ一つ集中して、できることはできました。国体など大会が続くので、しっかり調整したい。トリプルアクセルは、今できる一番良いジャンプができました。嬉しいです。学校の皆で頑張れたことも嬉しいし、自分も優勝できて良い思い出になりました」

実は公式練習を含め、この会場でのトリプルアクセルはとても確率が悪かった。フリー直前の6分間でも決められずにいたが、本番だけ見事に決めることができた。

「トリプルアクセルはあまり調子がいいわけではなかったんですけど、いいイメージが頭の中にありました。自分でもあそこまでいいトリプルアクセルが降りられるとは思ってなかったんですけど、頭の中のイメージ通りに跳べました」

集中力の賜物なのだろう。トリプルアクセル、四回転といった大技を武器にする選手は、やはり常に成功させることは難しい。それでもこうして本番で決められたことは、今後の大舞台への展望が大きく拓けたと言って良いだろう。吉田選手は、昨季は序盤で好調振りをアピールしたものの、ジュニアグランプリファイナル、全日本選手権辺りでは失速してしまった。それが今季はシーズンを通して安定した調子を維持できている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

人気ランキング(オンデマンド番組)

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ