人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2023年2月10日

第43回全国中学校スケート大会フィギュアスケート競技 女子シングルレビュー

フィギュアスケートレポート by 中村康一(Image Works)
  • Line

2023年2月5-7日の日程で、ビッグハット(長野県、長野市)にて全国中学校大会が開催された。一昨年はコロナ禍のために中止、昨年は無観客開催となった大会だが、今年は久し振りに有観客での開催となった。まだ以前ほどの観客数ではなかったが、ようやく正常な開催に戻りつつあることを大変嬉しく感じた大会だった。女子は2連覇を狙った島田麻央、そしてトリプルアクセルジャンパーとして頭角を現し、ミラノ五輪も期待される中井亜美など多彩なメンバーが揃い、非常にハイレベルな戦いが繰り広げられた。上位8名のインタビューをご紹介したい。

1位 島田麻央

島田麻央

昨年に続き、全中2連覇を達成した。昨年は初出場とあって、ショートを通過することをまずは目標にしていたそうだが、今年はより高いレベルを目指して取り組んだ大会だった。ショートの6分間練習ではダブルアクセルを念入りに確認している姿が印象的だった。島田選手にとっては簡単なジャンプのはずだが、「去年よりスピードを上げて、大きなダブルアクセルを跳ぼうと練習してきた」そうで、今回の出来栄えにはまだ納得がいかない様子だったが、それでも自身3度目のショートでの70点越えを記録したように、スケーティングの改善が実を結びつつある。

島田選手にとっての大きなテーマ、トリプルアクセルと4トウループをフリーで両方成功させることは今回も叶わなかった。まだ日本の女子選手が達成していないことで、「初成功をしたいのでどの試合でも挑んでいきます」と強く宣言していた。今回は練習から4トウループがうまくはまらず苦労していた。ジャンプの入りのスピードが足りなかったことを失敗の要因として挙げていたのだが、原因は「調子や氷ではなく、緊張してスピードが出なかったんだと思います」とのこと。世界ジュニアの開催地、カナダ、カルガリーは標高が高く、ジャンプが上がりやすい。「4回転の調子は練習では戻ってきています」とのことで、トリプルアクセルと4トウループの2本成功は、カルガリーで達成されそうな予感がしている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

人気ランキング(オンデマンド番組)

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ