ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2022/02

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2022年02月20日

日本代表アシスタントコーチにジョン・ミッチェル氏就任

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

ジャパンラグビーリーグワンのディビジョン1は、違うカンファレンスとの交流戦に入ったが、その最初の週で4試合が中止になった。僕の解説担当の試合も2つ中止になり、移動やホテルの段取りをしていたのもキャンセル。新幹線のエクスプレス予約は、感染拡大防止策のひとつとして手数料無く払い戻しができるし、ホテルもキャンセル料をとられない。ありがたいと思いながら、鉄道会社やホテルも大変だろうなと心配になる。

知り合いのラグビーファンの方からは「試合観戦のつもりが観光になりました」と明るく連絡があったりして、自分も含めて何が起こるかわかない状況に耐性がついてきている。受け入れるしかないもんなぁ。第5節で全試合が行われ、安心してしまったことを反省したりして、なんの反省なんだか。急に時間ができたので、真剣にカーリングを見る。面白い。

2022-02-20.png

書くのが遅くなってしまったが、218日、男子日本代表アシスタントコーチにジョン・ミッチェル氏(57歳)の就任が発表された。ディフェンスコーチとして、夏のテストマッチに向けた日本代表の合宿から合流予定だという。

ジョン・ミッチェル氏といえば、元ニュージーランド代表オールブラックスのヘッドコーチ(2001-2003)であり、イングランド代表フォワードコーチ、アメリカ代表ヘッドコーチ、 イングラン代表ディフェンスコーチなど代表チーム、プレミアシップのワスプス、スーパーラグビーのブルズなどのプロチームでもコーチを務めてきた人だ。日本代表のディフェンスシステムの構築に手腕が期待される。

現役時代は190㎝、108㎏のタフなナンバーエイトで、ニュージーランドのワイカト地区で活躍し、オールブラックスでは1993年、遅咲きの29歳でデビュー。テストマッチのキャップはないが、6試合に出場し、3試合でキャプテンを務めている。

◎ジョン・ミッチェル アシスタントコーチコメント 

「日本代表のディフェンスを成長させていくことを通して、テストマッチで勝利をする価値を高められる素晴らしい機会ですし、またディフェンスは、私たちが目指すアタックをする上で非常に重要な役割を果たすことを理解していかなくてはなりません。ジェイミー・ジョセフ、トニー・ブラウン、スコット・ハンセン、長谷川慎、そしてラグビーワールドカップ2023フランス大会に備える優れたコーチンググループと一緒に働けますことを、嬉しく思います。また、この機会を与えてくれたワスプスのサポートと協力に感謝しております」

  • Line