ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2021/10

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2021年10月02日

ラブスカフニ選手が日本代表キャプテン。女子日本代表はスコットランドと対戦

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

現在宮崎にて合宿中の男子日本代表のキャプテンについて発表があった。

ピーター・ラブスカフニ選手(クボタスピアーズ船橋・東京ベイ)がキャプテン、中村亮土選手(東京サンゴリアス)が副キャプテンに決まった。ラブスカフニ選手は、2019年のラグビーワールドカップの日本代表でもアイルランド戦とサモア戦でキャプテンを務めていた。人格者で真摯にラグビーに取り組む姿勢はキャプテンにふさわしい。ただ、ジェイミー・ジョセフヘッドコーチも言っているように、いったんリーチ マイケル選手の負担を軽くして選手に専念させる狙いもある。2023年のラグビーワールドカップで誰がキャプテンになるかは分からないが、まずは、ラブスカフニ選手がキャプテンを務めるであろうオーストラリア代表戦(10月23日)が楽しみだ。

■ピーター・ラブスカフニキャプテンコメント

「本当に名誉で光栄な気持ちです。このチームは特別なチームです。 私とここにいる仲間たちの心の中は、桜のジャージーを着て自分たちのベストを出し、日本を代表することに向け、熱い気持ちでいっぱいです。私たちの行動から、チームのビジョンや価値を皆様にお見せできればと思います。また家族や友人、最終的には日本の皆様に誇りに思っていただけるように頑張りたいと思います。私たちはこれからの試合、挑戦に向けてとても興奮していますし、楽しみな気持ちでいっぱいです」

また、女子日本代表の11月のヨーロッパ遠征中に、スコットランド代表と戦うことも明らかになっている。女子日本代表がスコットランド代表と対戦するのは、2019 11 月以来 2 度目。

■女子日本代表 ヨーロッパ遠征

117日(日):ウェールズ代表 Cardiff Arms Park

1114日(日):スコットランド代表 Dam Health Rugby Stadium

<参考・過去の対戦成績>

2019 11 24 日 女子日本代表 24-20 女子スコットランド代表 (Scotstoun Stadium

  • Line