ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2020/01

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2020年01月07日

桐蔭学園、悲願の単独優勝飾る。感動映像も

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

202017日は東大阪市花園ラグビー場だった。全国高校ラグビーフットボール大会決勝戦は午後2時キックオフで行われた。僕は、JSPORTSで大西将太郎さんと解説席に座った。たくさんの思い出深い決勝戦があるが、屈指の好勝負だった。最終スコアは、2314。桐蔭学園が7度目の決勝戦でついに悲願の単独優勝を飾った(第90回大会は東福岡と両校優勝)。

前半は御所実業がキックを上手く使い、桐蔭学園の処理ミスをSH稲葉聖、CTB谷中廉がトライに結びつけ、140とリードする。しかし、後半に入ると桐蔭学園の攻撃がペースアップ。6分、FWの連続攻撃からLO青木恵斗がトライすると、16分、SO伊藤大祐が相手キックをキャッチしてカウンターアタック。ステップで抜け出し、最後はFB秋浜悠太がトライ。24分には、青木のオフロードパスを受けたWTB西川賢哉がトライして2014とリード。1トライ1ゴールで逆転の点差という僅差勝負で緊迫したが、28分、伊藤大祐がドロップゴールを決めて突き放し、勝負を決めた。

エリアを意識したキック合戦、ブレイクダウン(ボール争奪局面)でのプレッシャーの掛け合いなど見ごたえのあるシーンが続いた。両チームともに倒れた選手がすぐに起き上がって次の仕事に向かう意識が高く、押し込まれそうなところを押し返すなど、鍛え上げられた肉体の粘り強さにも感心させられた。大活躍の伊藤は「頼りないキャプテンでしたけど、みんなよくついてきてくれた。最後は僕が走ったけど、これまではみんなが前に出てくれたし」と謙虚に話した。

東福岡との両校優勝以外の5回は準優勝。ようやく頂点に立った藤原秀之監督は涙を流していた。表彰式後に報道陣に「一番しんどかったことは?」と問われて、「決勝戦で負けることが一番しんどかったです」と話した。あと一歩で負け続けるのは精神的にしんどいことだろう。それでも、何度跳ね返されても、指導法を見直し、選手の力を出し切らせるために戦ってきた。あきらめずに挑戦を続けた藤原監督と桐蔭学園関係者を心から祝福したい。

一方で、そのコメントを聞いて御所実業の竹田寛行監督の顔が浮かんだ。4度目の決勝でも勝つことができなかった心境はいかばかりか。竹田監督は表彰式を終えて戻ってきた選手を一人一人労った。「よくやったね」。「忘れるなよ」。「さあ、帰ろう」。一人一人言い方が少しずつ違う。竹田監督は遠方から通う生徒を10人自宅で預かっている。38名は寮生。こちらも竹田監督と夫人が基本的に面倒を見ている。選手たちにとってはお父さん、お母さんのような存在だ。さあ、家に帰って、風呂に入ろう。子供たちを思いやる優しさに胸を打たれた。

JSPORTSの高校大会の方向は大会の総集編で終わる。今回も感動で画面がかすんだ。みんな、いい顔をしている。ベストを尽くした者の涙は清々しい。高校ラグビーは、心に響く。

感動映像はコチラです▼

https://www.youtube.com/watch?v=J1c2Sc95yXA&feature=youtu.be

■試合結果

201017日 東大阪市花園ラグビー場

御所実業●1423◯桐蔭学園(前半14-3

  • Line