ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2020/01

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2020年01月03日

全国高校ラグビー、ベスト4出揃う。

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

20190103.jpg

202013日の東大阪市花園ラグビー場は超満員の観客で、まさに立錐の余地なし。その中で全国高校大会準々決勝4試合が行われた。

一試合目は東福岡が持ち前の攻撃力を爆発させて流通経済大柏(千葉)を圧倒した。東福岡WTB高本とむは、前半だけでハットトリック(3トライ)の活躍。第二試合は、御所実業(奈良)と、東海大大阪仰星が質の高い攻防を繰り広げたが、何度もターンオーバーを勝ち取るなど、ブレイクダウン(ボール争奪局面)で優位に立った御所実業が140というロースコアの戦いを制した。

第三試合は、昨年の決勝戦の再現ということもあって、さらに観客席のぎゅうぎゅう感が高まっていた気がする。昨年の王者・大阪桐蔭と、春の選抜王者・桐蔭学園。フィジカルに自信を持つ両者が真正面からぶつかり合う、タフな戦いだった。勝敗を分けたのは、桐蔭学園のブレイクダウンの強さ。何度もカウンターラックでボールを奪い返し、スコアは、3112

僅差勝負になったのが、第四試合の京都成章対常翔学園(大阪)。互いにプレッシャーをかけあい、ハンドリングエラーが多発。そのボールをすぐに切り返しての攻防が目まぐるしく繰り返される試合だった。京都成章が2420のリードで迎えた試合終了間際、常翔学園は自陣でPKを得ると、そこから一気の連続攻撃。最後はWTB生駒創大郎がスピードでマークの選手を振り切り、バッキングアップのディフェンスを鋭く切れ込むステップでかわしてトライ。2724の逆転勝利を決めた。

「練習通りスペースをついてくれました」と、野上監督は満面の笑み。あきらめずに戦い抜いた選手を称えた。四試合終了後、抽選が行われ、準決勝の組み合わせが決まった。Aシードの桐蔭学園、御所実業にBシードの東福岡、常翔学園が挑む図式になった。東福岡と常翔学園は攻撃的なチームであり、ともに面白い試合になりそうだ。

202015日 準決勝

12:45 常翔学園 対 御所実業

14:30 桐蔭学園 対 東福岡

  • Line