ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2015/12

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2015年12月25日

ラグビーマガジン2月号ほか

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

cover_2016-02.jpg

25日は、ラグビーマガジン2月号の発売日。表紙はサクラセブンズの4人(中村知春、山口真理恵、冨田真紀子、横尾千里)。座談会もある。「私たちの思い。私たちの仲間」。ラグビーの魅力を自然に語っている気がする。兼松由香選手と娘さんの写真が泣けてくる。いつも思うのだが、日本代表のエンブレムを桜にしてくれた先人に感謝。

hanazono95.jpg

今号は近鉄ライナーズのピエール・スピース選手、トヨタ自動車ヴェルブリッツのコーチングアドバイザー、ニック・マレット氏(元南アフリカ代表監督)など僕も注目している人のインタビューがある。もちろん、サンウルブズのメンバーなどの話題も。そして、全国高校大会のガイドブック付き。

japanway1301.jpg

今月はラグビーの本がたくさん出ている。ラグビーマガジンの編集部が関わっているものだけでも、「1301日のJAPAN WAY」(特別付録DVD付き)。「スポーツアルバム 五郎丸歩」。前者で僕は、廣瀬俊朗、リーチ マイケルというエディー・ジョーンズヘッドコーチの下でキャプテンを務めた2人の対談の構成をさせてもらった。「みんなジャパンが好きだった」。逆転トライのカーン・ヘスケスのインタビューも。リーチ選手の表紙、いい感じだ。いまや、みんな知っている五郎丸選手のことも書かせてもらったが、こちらはまったくの私的コラム。ポジティブに語れる題材が多いのは、いいものだ。付録のジグソーパズルは、飾る額でも買うかな。「五郎丸歩」をこうしてタイトルにして眺めると、四文字熟語みたいに見えてくる。意味を考えてみよう。

album_goromaru.jpg

  • Line