ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2015/05

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

試合レポート 2015年05月09日

男女日本代表戦9日の結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

5月9日は、福岡のレベルファイブスタジアムでJSPORTSの解説だった。放送されたのは午後2時からの日本代表対韓国代表戦だが、午前11時からの女子日本代表(サクラフィフティーン)対女子カザフスタン代表戦が、まずは観客席を盛り上げた。

この日のサクラフィフティーンは、ボールを確保しながら連続アタックを仕掛け、SO山本実のキックで地域を進め、ディフェンスでは激しく前に出てプレッシャーをかけた。前半22分、FB田坂藍キャプテンのPGで先制、26分に田坂がPGを追加すると、34分、SH井上愛美のパスを受けたWTB谷口令子がトライするなど前半を16-0とリードした。後半は一時追い上げられたが、WTB本間美月のトライで突き放し、最終的には27-12で競り勝った。

「ゲームプラン通り80分間やってくれた」と有水ヘッドコーチ。田坂キャプテンは、「先輩方が一度も勝てなかったカザフスタンに勝つことができて嬉しい気持ちでいっぱいです。選手一人一人の共通認識が浸透していたのでプラン通りにできたと思います。もっと上に行けるんじゃないかという自信につながりました」と手ごたえをつかんだ様子。女子日本代表が女子カザフスタン代表に勝ったのは史上初めて。2017年の15人制女子ラグビーワールドカップ出場に向けて弾みをつけた。FB田坂キャプテンが、抜け出したカザフスタンの選手を一発のタックルで仕留めたシーンは見事。全体に日本ラグビーが世界に勝つために必要な要素がちりばめられた戦いぶりだった。

午後2時からは、男子の日本代表対韓国代表戦が行われた。4月のアウェイの対戦では、30失点と韓国代表BKに走られた日本代表だが、きょうは立ち上がりからボールをキープして攻め続け、前半1分、CTB田村優のキックパスを受けたWTB福岡堅樹が先制トライ。地元出身選手の活躍で観客席は大いに盛り上がった。11分には、不用意なパスをインターセプトされて韓国にトライを許したが、WTB藤田の突破からSO立川がトライし、24分には、CTBカーン・ヘスケスが3人、4人とタックラーをかわしてトライし、前半を31-7でリード。後半、やや動きが鈍ったが優位に立つスクラムを起点に前進し、最後は福岡がこの日3トライ目をあげ、前後半合わせて10トライをあげて66-10で快勝した。

「前半は良いプレー、良い判断がありました。初キャップのLO宇佐美、FL村田ら若手の動きもよく、福岡の復帰も喜ばしい。ただし、福岡はまだディフェンスについて学ばなくてはいけません」とエディー・ジョーンズヘッドコーチ。「きょうは選手の態度を重視していました。コンディションとしては、これまででもっとも疲労のたまった状態でした。その中ではよく戦ってくれたと思います。リザーブのメンバーもよくペースを上げてくれました」。どの選手に聞いても疲労はピークで、「これまでで一番きつかった試合」とコメントした選手もいたほどだった。日本代表は、22日、アウェイで香港代表とアジアラグビーチャンピオンシップの最終戦を行う。

■アジアラグビーチャンピオンシップ2015

日本代表○66-10●韓国代表(前半31-7)
女子日本代表○27-12●女子カザフスタン代表(前半16-0)

  • Line