ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2015/01

S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

試合レポート 2015年01月04日

トップリーグ2S第6節結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

1月4日、ジャパンラグビー トップリーグ2014-2015セカンドステージ 第6節の6試合が結果により、パナソニック ワイルドナイツが勝点29でグループAで4位以上が確定となり、グループA上位4チームに出場権が与えられるプレーオフトーナメント LIXILCUP 2015への出場が決定した。パナソニックは、8季連続のプレーオフトーナメント進出。

僕は大阪市のヤンマースタジアム長居で、トップリーグ・セカンドステージ第6節の解説をした。第1試合では、グループB5位のNTTドコモレッドハリケーンズが3位のクボタスピアーズを破った。SOリアン・フィルヨーンが得意のロングキックだけでなく、パスとランでもボールを動かし、FWもFLスティーブン・セテファノが何度もゲインラインを突破し、スクラム、ラインアウトも安定していた。何より、一人目のタックラーが相手の動きを止め、2人目がボールに絡んで、クボタのボール出しを遅らせていたのは印象的だった。

クボタ、ドコモともに、日本選手権ワイルドカードトーナメントに進出するグループB4位以内に可能性を残している。最終節が勝負である。

第2試合では、グループAの神戸製鋼コベルコスティーラーズとトヨタ自動車ヴェルブリッツが前半から僅差勝負を繰り広げたが、17-7で迎えた後半23分、SH佐藤貴志の突破からFL前川鐘平がトライし、24-7とし、WTB山下楽平がトライを追加。終盤に突き放した。キック戦略がいまひとつ上手く機能しなかった点について、ギャリー・ゴールドヘッドコーチは、「トヨタは、4人の選手を後ろに下げていた。そういう難しいシチュエーションでのキッキングプレーだったが、悪くなかったと思う。できれば、もう少し相手陣深くでのセットプレーが欲しかったのですが」と、なんとか勝利に結びつけたことを評価していた。

プレーオフトーナメント進出枠のトップ4争いは、パナソニック、神戸製鋼、東芝、ヤマハ発動機、サントリーの5チームに絞られたことになる。

■トップリーグ・セカンドステージ第6節結果
東京・秩父宮ラグビー場
東芝ブレイブルーパス●28-29○ヤマハ発動機ジュビロ(前半7-19)
NTTコミュニケーションズシャイニングアークス●17-18○サントリーサンゴリアス(前半14-13)
三重・三重交通G スポーツの杜サッカー・ラグビー場
豊田自動織機シャトルズ●17-40○近鉄ライナーズ(前半10-12)
福岡・グローバルスタジアム
宗像サニックスブルース○24-10●コカ・コーラレッドスパークス(前半17-5)
東京・駒沢オリンピック公園陸上競技場
リコーブラックラムズ○16-3●NECグリーンロケッツ(前半10-3)
パナソニック ワイルドナイツ○38-13●キヤノンイーグルス(前半13-13)
大阪・ヤンマースタジアム長居
NTTドコモレッドハリケーンズ○42-15●クボタスピアーズ(前半20-15)
神戸製鋼コベルコスティーラーズ○34-7●トヨタ自動車ヴェルブリッツ(前半10-7)

追記◎リコー対NEC戦で谷口かずひとレフリー(日本協会A1級)のトップリーグのリーグ戦でのレフリー担当試合が、トップリーグ史上初となる通算100試合となった。また、西浦達吉選手(コカ・コーラレッドスパークス)、菅藤友選手(宗像サニックスブルース)がリーグ戦100試合出場を達成している。

  • Line