ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2014/09

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

試合レポート 2014年09月20日

TLファーストステージ第5節・土曜の結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

20日の土曜日は、名古屋市の瑞穂運動公園ラグビー場だった。JSPORTSの解説である。夜は寒くなるかと思ったけど、そうでもなかった。観戦するにはちょうどいい気温だったのではないだろうか。

第1試合は、東芝のSOフランソワ・ステインがトップリーグデビュー。いきなり50mのロングPGを軽々と決めてみせた。豊田自動織機も粘り強いディフェンスで健闘したが、後半は、東芝がラインアウトのモールからトライを重ね、FLスティーブン・ベイツの3トライなどで突き放した。

第2試合は、ブレイクダウンで互いが激しくファイトするタフな試合になった。近鉄がSO重光のPGで先制すると、トヨタもWTB彦坂が相手にミスボールを拾って50mを独走してトライ。前半17分には、近鉄が豊田キャプテンのトライで逆転。互いに点を取り合い、前半は17-17の同点で折り返した。

後半に入ると、近鉄の攻撃力が上回り始め、WTBアンドレ・テイラーがトップリーグ初トライ。トヨタもトーマス優のトライで追いすがったが、29分、近鉄のモールをトヨタが崩したとしてペナルティートライが与えられ、35-24となってほぼ勝負あり。近鉄が4トライ以上の勝利で、勝ち点「5」を獲得した。トヨタもCTBタウモエピアウのトライで7点差以内の負けと、4トライでボーナス点「2」を獲得。互いにミスと反則が多い試合ではあったが、観客席は大いに盛り上がっていた。

マンオブザマッチは近鉄の豊田キャプテン。トライに、トライを防ぐタックルにと大活躍だった。「チーム全体でいい準備ができました。本来はトヨタのホームなのに、近鉄のファンもたくさん来てくれて、大声援でやりやすかったです」

■TLファーストステージ第5節・土曜の結果
◇瑞穂運動公園ラグビー場
豊田自動織機シャトルズ●10-35○東芝ブレイブルーパス(前半0-11)
トヨタ自動車ヴェルブリッツ●31-38○近鉄ライナーズ(前半17-17)
◇秩父宮ラグビー場
リコーブラックラムズ○53-5●コカ・コーラレッドスパークス(前半27-0)
キヤノンイーグルス○24-10●NTTドコモレッドハリケーンズ(前半7-5)

  • Line