ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2014/09

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2014年09月19日

トップリーグ金曜ナイターの結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

金曜日のナイターを、久しぶりにバックスタンドで楽しんだ。試合を予想通り拮抗した。互いにミスもあったが、攻め合ったことで観客席もかなり楽しまれていたように感じた。

最初にトライチャンスをつかんだのは、サントリーだった。前半9分、SOピシ、NO8バーガー、CTBニコラスで抜けだし、ゴールに迫ったが獲りきれず。15分、今度は神戸製鋼が、SO正面のキックパスをWTB今村がキャッチして、インゴールに押さえたかに見えたが、ボールをこぼしており、トライならず。29分、神戸製鋼はCTB山中がPGを決めて先制。しかし、37分、サントリーは、ニコラスのキックをWTB中靏が押さえて、7-3と逆転する。

後半も一進一退の攻防が続いたが、12分、CTB山中の突破でチャンスを作り、NO8マパカイトロがトライして、17-10。18分には、WTB山下楽平のトライで、22-10。サントリーもFL佐々木がトライを返すなど追いかけたが、36分、神戸製鋼のモールからのHO村上のトライで勝負あり。しかし、サントリーも終了間際に、PR垣永がトライして7点差以内の負けのボーナス点は獲得した。

「サントリーのように、よくボールを動かすチームに対して、最後までよくディフェンスしてくれた」(ギャリー・ゴールドHC)。「ディフェンスで最後まで前に出ることができた」(伊藤鐘史)。と、首脳陣からはディフェンス面が勝因として語られた。敗れたサントリーの大久保監督は、「完敗です。神戸の方が局面で前に出ていましたね。うちはボールを下げてしまうことが多かったです」と、潔く語った。

マンオブザマッチは、再三ディフェンスを突破し、大きなキックで陣地をとり、プレースキックも決め神戸製鋼の山中亮平。また、平島久照がトップリーグ100試合出場を達成した。

◇TLファーストステージ第5節・金曜の結果
サントリーサンゴリアス●22-29○神戸製鋼コベルコスティーラーズ(前半7-3)

  • Line