ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2014/09

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

試合レポート 2014年09月13日

トップリーグ第4節結果(13日)

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

土曜日は初めて佐賀県鳥栖市のベストアメニティスタジアムに行った。駅からこんなに近いとは知らなかった。いいスタジアム。JSPORTSで解説だったのだが、1試合目はヤマハ発動機が、宗像サニックスに対して、スクラム、モールを軸に圧力をかけ快勝した。NO8トゥイアリイ、CTBピウタウは突破力をいかんなく発揮。今季初先発のSH小池もいいテンポでボールをさばいた。サニックスも、後半出場のWTBへスケスがトライを返したが、FW戦の劣勢を挽回することができなかった。

第2試合は、コカ・コーラが集中力あるディフェンスでトヨタ自動車を苦しめ、最後まで拮抗した展開になった。トヨタのカーペンターとイエーツ、コカ・コーラのベイトマンとカミンズの両CTB対決は見応えがあった。後半7分、逆転につながるSO文字のトライがトヨタに流れを引き寄せた気がする。最後のコカ・コーラの攻めをしのいだのは、交代出場で入ったWTB彦坂のジャッカル。手に汗握る好ゲームだった。

勝ったトヨタの廣瀬監督は、「よく勝ってくれたが、勝ち点5がとれなかったことは残念」とコメント。敗れたコカ・コーラの山口監督は「負けてしまったが、選手が春から真摯に取り組んできたフィジカル面の強化に手ごたえがつかめた試合。アタックのオプションを与えてやれなかった監督の力量の無さを感じた」と自戒を込めつつ語った。

■トップリーグ2014-2015ファーストステージ第4節結果(13日)
◇神奈川・ニッパツ三ツ沢球技場
サントリーサンゴリアス○38-26●リコーブラックラムズ(前半24-0)
◇三重・三重県営鈴鹿スポーツガーデンサッカー・ラグビー場
豊田自動織機シャトルズ●5-54○パナソニック ワイルドナイツ(前半5-33)
◇山口・維新百年記念公園陸上競技場
NTTドコモレッドハリケーンズ●26-36○神戸製鋼コベルコスティーラーズ(前半0-15)
◇佐賀・ベストアメニティスタジアム
宗像サニックスブルース●12-52○ヤマハ発動機ジュビロ(前半5-26)
コカ・コーラレッドスパークス●23-25○トヨタ自動車ヴェルブリッツ(前半16-8)

  • Line