ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2014/09

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

試合レポート 2014年09月15日

トップリーグ第4節・日曜の結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

トップリーグのファーストステージ第4節は、14日、残りの2試合が茨城県水戸市のケーズデンキスタジアムで行われ、キヤノンとクボタが競り勝った。第1試合では、後半33分にキヤノンが交代出場のCTBマイケル・ボンドのトライで突き放したが、近鉄も最後に交代出場のLO山口浩平のトライで、7点差以内に詰めてボーナス点を獲得した。

第2試合の大接戦となる。NTTコムは、CTBマット・サンダースが何度もラインブレイクを見せるなど前半は17-10とリードしたが後半クボタが逆転するだとシーソーゲームに。27-16とNTTコムがリードして迎えた終了間際、クボタが自陣から少しずつゲインして相手陣に入る。ここでNTTコムが痛恨の反則。このPKをクボタの立川理道が決めて、劇的逆転勝ちとなった。

ファーストステージ第4節の結果、プールAは3勝1敗が3チームとなったが、勝ち点差で、ヤマハ発動機、東芝、パナソニックの順になっている。NTTコムとクボタは2勝2敗となり、勝ち点差でNTTコムが4位。クボタが5位につける。プールBは、神戸製鋼、サントリーが4戦全勝で1位、2位。3勝1敗で勝ち点「14」のトヨタ自動車が3位で、キヤノンと近鉄は2勝2敗で4位、5位に並び、両プールとも、セカンドステージの上位グループ入りを巡る、トップ4争いが激しくなっている。

今週の金曜日には、神戸製鋼とサントリーの全勝対決がある。

■トップリーグ2014-2015ファーストステージ第4節結果(14日)
◇茨城・ケーズデンキスタジアム水戸
キヤノンイーグルス○36-31●近鉄ライナーズ(前半14-3)
クボタスピアーズ○29-27●NTTコミュニケーションズシャイニングアークス(前半10-17)

  • Line