ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2014/08

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2014年08月19日

ユースオリンピック結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

8 月17 日〜20 日に中国・南京で開催されている第2 回ユースオリンピック競技大会(大会日程8 月16 日〜8 月28 日)の男子セブンズユース日本代表は、第3日の第5戦でフランスに敗れ、5位/6位決定戦に進むことになり、結果的に6 位で大会を終了することになった。2016年、2020年に向け、この世代の継続強化の場を考えていかなくてはいけない。

8月19日(火)
プール第5戦
日本●7-28○フランス(前半7-14,後半0-14)

5位/6位決定戦
日本●12-29○アメリカ(前半7-17,後半5-12)

◎ヘッドコーチ徳永剛
「6位になったことは残念。ただ、2日目のようにフィジカルの強い相手に対して日本らしさを出せば十分戦えることが分かった。この経験を、今後のユース世代のセブンズの強化に繋げていかなければならない。ユースオリンピック競技大会という大会に出場することができ、グラウンド内だけでなく、グラウンド外でも多くのことを選手たちは学ぶことができた。この経験が2016年、2020年に繋がっていくと思う」

◎キャプテン豊田康平
「結果はすごく悔しい。フランス戦では自分たちの流れを作れず残念な結果になってしまった。アメリカ戦では思うようにアタックできず、自分たちのラグビーができなかった。結果は仕方がないので、今回の大会で学んだ経験を生かしてそれぞれ頑張っていきたい」

  • Line