ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2014/08

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

日記 2014年08月04日

エディー・ジョーンズHC受賞&大野均選手

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

日本代表のエディー・ジョーンズヘッドコーチが8月4日、平成26年度外務大臣表彰を受賞した。外務大臣表彰とは、外務省より日本と諸外国との友好親善関係増進に貢献し、特に顕著な功績のあった個人及び団体に授与されるもの。

「この度、外務大臣表彰という素晴らしい賞をいただき、非常に光栄です。このような賞を受賞することができたのも、日本ラグビーが成長している証だと思います。個人的には、この賞をいただけたのは日本代表の選手、スタッフのサポートがあるからこそのものであり、進化を続けるチームにとって象徴的な賞であると思います。我々が目指している来年のラグビーワールドカップ2015での準々決勝進出に向けて、邁進してまいります」

201408041

さて、8月4日は、東芝ブレイブルーパスのグラウンドに行っていた。大野均選手のインタビューのためで、この様子は、9月初旬に発行予定の日本ラグビー協会の機関誌に掲載されるもの。ブレイブルーパスの練習も少しのぞいたのだが、ニュージーランドからの新外国人選手であるタネラウ・ラティマー選手がすでに違和感なく練習に溶け込んでいた。

印象は「意外に小さい」だった。188㎝くらいのイメージがあったのだが、キャプテンのリーチマイケル選手よりも、スティーブン・ベイツ選手よりもかなり小さい。日本代表のFW第三列の中に入ると、一番小さいと思う。その体で俊敏に動きまわり、オールブラックス5キャップ、スーパーラグビーで100キャップを超える出場数なのだから、「スペシャル」な何かを持っているからこそだろう。それが何なのか、トップリーグでそのプレーを見るのが楽しみになってきた。フランソワ・ステインの合流はもう少し後になりそう。

201408042

大野選手のインタビューはいつもながら、胸が熱くなった。「自分は泥臭く動き回るしかないので」。日本代表で10年プレーしても、まだ上手くできなかった大学生の頃の気持ちを忘れていない。そうありたいものである。

  • Line