ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2014/08

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

試合レポート 2014年08月31日

トップリーグ第2節・土曜の結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

土曜日は神戸総合運動公園で、神戸製鋼コベルコスティーラーズと近鉄ライナーズの阪神ダービーを取材した。両チームの入場の花道を作ったのは、地元の御影高校のチアリーディング部。

20140830

先週とはうってかわってグラウンドコンディションもよく、両チームが立ち上がりから激しくぶつかりあった。拮抗した展開が続いた前半18分、近鉄がSO重光のPGで先制すると、21分、神戸製鋼もCTB田邊がPGを返す。初めてのトライは前半38分、FB井口のハーフウェーライン辺りからのカウンターアタックでできたラックから左オープンに展開すると、SO正面が目の前のスペースを見逃さずに突破し、そのままスピードに乗ってポスト右に駆け込んだ。井口の大きなステップワーク、正面のスピードが生きた見事なトライだった。

前半から激しく前に出るディフェンスで圧力をかけた神戸製鋼に対して、近鉄はミスを連発し、攻撃が継続できなかった。前田監督は、「思うように動かしてもらえず、相手陣にも入れなかった。神戸製鋼はキックチェイスも良かったし、ラインでもプレッシャーをかけてきた。選手は予想以上に圧力を感じたのではないか」と敗因を語った。

神戸製鋼のギャリー・ゴールドヘッドコーチは、「試合を通してよくプレッシャーをかけることができた。ディフェンスは良かったが、アタック面でターンオーバーを許したのは残念」とコメント。防御背後へのキックを素早く3人で囲むように追いかけ、何度も近鉄のカウンターアタックの芽を摘んだ意識の高さに手ごたえを感じつつ、アタックの精度は不満のようだった。

写真は正面選手のトライ。写真提供の佐久間さん、いつもありがとうございます。

201408302

追加の写真は、試合後に打ち上げられた花火を見ながら、スタンドの声援に応えるジャック・フーリー選手(神戸製鋼)。この日はウォーターボーイを務めた。

201408303

他会場も含めて、土曜日のトップリーグの結果は以下の通り。

■トップリーグ・ファーストステージ第2節土曜の結果
▽東京・秩父宮ラグビー場
パナソニック ワイルドナイツ○47-22●クボタスピアーズ(前半35-3)
キヤノンイーグルス○33-21●リコーブラックラムズ(前半26-16)
▽愛知・豊田スタジアム
豊田自動織機シャトルズ○31-14●宗像サニックスブルース(前半17-14)
トヨタ自動車ヴェルブリッツ●10-13○サントリーサンゴリアス(前半10-6)
▽兵庫・神戸総合運動公園ユニバー記念競技場
神戸製鋼コベルコスティーラーズ○26-3●近鉄ライナーズ(前半13-3)
▽福岡・レベルファイブスタジアム
コカ・コーラレッドスパークス○15-9●NTTドコモレッドハリケーンズ(前半8-9)

  • Line