人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年7月21日

ワールドカップを3ヶ月後に控えたサクラフィフティーン、釜石で南アフリカと対戦。女子15人制ラグビー日本代表

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

釜石鵜住居復興スタジアムでのサクラフィフティーン

7月10日(日)から岩手県・釜石で、10月にラグビーワールドカップを控える「サクラフィフティーン」こと、女子15人制ラグビー日本代表が合宿を行っている。24日(日)に南アフリカ代表戦を控える中、20日(水)に試合会場の釜石鵜住居復興スタジアムで練習を公開した。

合宿に選ばれた選手は52名。数名、コンディション不良で練習に参加していない選手もおり、約50名が参加した。当初は午前、午後のグラウンド練習をメディア、一般に公開する予定だったが、午前中は室内でウェイトトレーニングとなり、午後は4時からグラウンドで練習をした。

女子ラグビー日本代表テストマッチ

17日(日)も同様に公開日だったが、2チームに分かれて、20分×2本の強度の高い練習を行っており、オフを挟んで、日曜日のテストマッチに向けて再び、強度を上げていく中での練習だった。

ベリック・バーンズ コーチ

まず、試合の週ということで、春のオーストラリア遠征に続いてスポットコーチとして帯同するパナソニックワイルドナイツで活躍したベリック・バーンズ コーチらを中心にスクラム、ラインアウトといったセットプレーからのムーブメントを確認した。

スクラムを指導するレスリー・マッケンジーHC

その後はFW(フォワード)、BK(バックス)に分かれてユニット練習。FWはカナダ代表のHO(フッカー)だったレスリー・マッケンジーHC(ヘッドコーチ)らがラインアウト、スクラムを熱心に指導していた。BKはアタックのムーブを何度も確認していた。

さらに全体練習で2チームに分かれてのアタック&ディフェンス。最後にフィットネスやラインアウトスロー、キックなど個人練習で終了となった。午前中がトレーニングだったこともあり、みっちりと3時間、5年ぶりの国内でのテストマッチに向けて精を出した。

LO玉井希絵

ラインアウトリーダーを務めるLO(ロック)玉井希絵は「釜石はすごく涼しく練習しやすいので、実力を確認しながらやれています。釜石のみなさまの前向きな姿勢が、明日を頑張るパワーになっているのでありがたいです」と充実した表情を見せた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ