人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年4月28日

リコーブラックラムズ東京vs.トヨタヴェルブリッツ、入替戦回避とプレーオフ進出、ともに負けられない一戦。ジャパンラグビー リーグワン第15節

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

「黒か、緑か」

1月に開幕したジャパンラグビー リーグワン。ディビジョン1のリーグ戦は残すところ、あと2試合となった。前節までにプレーオフ進出の3チームが決定し、またディビジョン2との入替戦争いも熾烈になってきている。

4月30日(土)の第15節、入替戦圏内にいる10位のリコーブラックラムズ東京と、他力だが、連勝すればプレーオフ進出の可能性のある6位のトヨタヴェルブリッツの一戦が東京・秩父宮ラグビー場で行われる。

なお、両者は2月5日の第5節に、愛知・パロマ瑞穂ラグビー場で対戦し、その時は追い上げるブラックラムズ東京を振り切って、ホストのトヨタヴェルブリッツが23−19で勝利した。

ホストのブラックラムズ東京は前節、首位に立つ東京サントリーサンゴリアスに3−30で敗れ、6連敗を喫してしまった。勝ち点16で10位と、残り2試合で連敗してしまうと入替戦に回る厳しい状況に置かれている。なんとしても勝利して、入替戦回避を目指したい。

東京サンゴリアス戦後に「ケガ人が多くセレクションの継続性が保てなかった」と語っていたピーター・ヒューワットHC(ヘッドコーチ)は、FW(フォワード)2名、BK(バックス)2名を入れ替え、いくつかのポジションチェンジも行った。

リコーブラックラムズ東京

FWはキャプテンのHO(フッカー)武井日向が戦列に復帰した。PR(プロップ)谷口祐一郎が引き続き先発し、控えだったPR千葉太一が先発する。LO(ロック)はジェイコブ・スキーンと前節FL(フランカー)でプレーした柳川大樹のポジションを入れ替え、マイケル・ストーバーグとコンビを組む。バックローはFLに下がったスキーンと湯川純平、NO8(ナンバーエイト)は、東京サンゴリアス戦では7番でプレーした福本翔平が務める。

BKはSO(スタンドオフ)アイザック・ルーカスが先発に復帰、SH(スクラムハーフ)高橋敏也とハーフ団を組む。CTB(センター)には、前節FB(フルバック)でプレーした21歳のメイン平と池田悠希の2人が入った。WTB(ウイング)は古賀由教と栗原由太の若手コンビとなり、FBはマット・マッガーンが10番から下がった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ