人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年4月25日

伝統校同士の対戦は慶應義塾大学が法政大学に逆転勝ち。ラグビー関東大学春季大会

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

慶應義塾大学vs.法政大学

4月17日(日)に開幕した「第11回関東大学春季交流大会」。前年度の秋季リーグの順位に基づいて、関東大学対抗戦・リーグ戦の各9チーム(18チーム)を6チームずつ、AからCの3グループに分け、総当たり戦で行われる。

4月24日(日)Bグループは3試合が行われて、慶應義塾大学グラウンドで、先週、筑波大学と31-31で引き分けた慶應義塾大学(昨季関東対抗戦4位)と法政大学(関東リーグ戦6位)の伝統校同士が激突した。

ラグビー関東大学春季大会2022

関東リーグ戦最多13回の優勝を誇るが、昨季も大学選手権を逃してしまった法政大学は、この試合が今季の公式戦初戦だった。FL(フランカー)吉永昂生と、FL/HO(フッカー)徐和真(ともに4年)が共同主将に就任し、スローガンは大学選手権出場を目指し、シンプルに「~突破 Breakthrough~」を掲げた。

一方、先週の筑波大学戦で17点差を追いつかれて引き分けた慶應義塾大学。「いい課題をもらったので、スキル的にもメンタル的にも修正して次に臨みたい」(栗原徹監督)と、今季の2試合目に臨んだ。

ラグビー関東大学春季大会2022

午後1:00、小雨の中でキックオフされた試合、序盤は橙青ジャージーがペースをつかむ。「今季、アタック、ディフェンスの仕組みをちょっと変えた」と新宮孝行監督が話したように、SO(スタンドオフ)熊田経道(3年)、インサイドCTB(センター)金侑悟(2年)を中心にボールを動かす。

ラインアウトを起点に前半9分、ボールを継続し、SH(スクラムハーフ)山脇一真(3年)がラックサイドを突いて、フォローしたWTB(ウィング)南部翔大(4年)が左中間に抑えてトライ。FB(フルバック)石岡玲英(3年)のゴールも決まり、7点を先制する。

慶應義塾大学も反撃するが、なかなかゴールラインを越えることができず、ようやく22分、SO永山淳(3年)が、PG(ペナルティゴール)を決め、3-7とする。

直後の24分、キックオフのボールを慶應義塾大学がノックオンし、法政大学は5mスクラムのチャンスを得る。第1列の3人が4年生の法政大学がスクラムを押し込み、そのままNO8(ナンバーエイト)佐野祐太(2年)が抑えて、14-3とリードを広げた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ